凡人と天才は生まれながらに違うのか 神からの贈り物 – gifted child –

早期教育について調べている際、「Gifted Child」という言葉を知った。
「Gifted and Talented」という言葉もあり、前者は主に学力、後者は芸術的な才能を指すようだ。
※現地で見たり経験したわけではなく、あくまでネット上の情報を見たうえでのエントリです。

日本語にすると「英才教育」となってしまうが、「gifted」という言葉が示すように、日本でよく見る「幼児期に施す早期教育」とは考え方が根本的に異なる。

それは「天才は、そもそも生まれながらに違う」というものだ。


こう聞くと「身もフタもないなぁ」と思ってしまうが、それも「人間観」や「平等」という“超根本的な価値観”が、日本と欧米でまるで正反対だからである。

○「人」という存在の根源

    日本:親がいて、その親がいて自分がいる。先祖代々培われた伝統が大事。
    欧米:すべての人は、神によって作られたオリジナル。

○才能について

    日本:誰でも、努力さえすればどんなものにでもなれるし、どんな夢も叶う。
    欧米:誰もが同じ能力を持っているわけはない。成長・発達のスピードもそれぞれ違う。

○機会平等について

    日本:誰にでも等しく、同じチャンスを与えることこそ「平等」である。
    欧米:それぞれの個性を認め、それにあったチャンスを与えることこそ「平等」である。

どちらも一理あるような…
ただ、欧米の人は日本の価値観に納得しなそうだな… という気はする。

確かに日本では特に「遅れている」子どもにスポットが当てられる傾向がある。
落第は恥であり、跳び箱が飛べない子どもは延々と残される。

それは、評価制度が画一的だからだろう。日本では、
    ・計算が速い
    ・運動がうまい
という「絶対的な指標」が存在し、それに対してどれだけの能力があるかで、その人の優秀さが判定される。

しかし逆に「進んでいる子どもが遅れている子どもにあわさせられる」ことにはほとんど触れられない。好きで、それを追究したくて、更にどんどん先に進めるかもしれないのに、ある時点でストップをかけられる。
欧米では、それこそが「進んでいる子どもに対する機会損失である」と考えるようだ。

‘gifted’の判定はIQテストが中心だったが、今はそれだけでは不足があるということで、色々と試行錯誤の途中らしい。
認められた子は特別クラスに割り当てられ、その才能を存分に開花させるためのカリキュラムが用意されているとのことだ。

‘gifted’の子どもには、
    ・のみこみが速い
    ・何でも自分でやろうとする(内向的である)
    ・興味がある分野に対しては、並外れた集中力を示す

という特徴があるそうだ。
ここで、「もしかして、自分は’gifted’だったのでは!」と思ったのは私だけではないはず。

個人的には、キレイゴトは抜きにしてやはり人類は一部の頭脳にその他大勢が恩恵を受ける、という構図は否定できないと思う。
どんな人でも、努力さえすればレオナルド・ダ・ヴィンチやアインシュタインになれるとはとても思えない。

しかし、もし日本でこれをやったらどうなるか。


周囲の「あの子だけ特別扱い」というねたみは消えないだろうし、giftedがその他の子に仲間はずれにされる、なんて光景も容易に目に浮かぶ。
現に、やはり欧米でも「こういった選抜クラスのような教育法は、おちこぼれた子たちの学習意欲をそぐだけだ」と反論する人もいるという。

それに日本人は「年齢」を重要視するので「飛び級」も中々なじみそうにない。
優れている年下が「優秀だ」と言われるのではなく、「生意気だ」と言われてしまうのが日本だ。

gifted教育のよしあしは別にして、文化が根本的に違う以上、根付かせるのは正直難しいだろう。
アメリカでも本格的に始まったのが1993年頃からだというから、実際の効果を検証するサンプルが少ない。おそらく、何らかの弊害もあるに違いない。


しかしそれでいいのか?という疑念も残る。

欧米の実例を参考にしてから…
でもそんなこと言っているうちに、世界から取り残されてしまうかも…

うーん。。 難しいなぁ…

元リーマンCEOが14億円の自宅を9千円で売ったそうだ

Diggを見ていたら、興味深い記事があった。

リーマン・ブラザーズ最後のCEO、リチャード・ファルド氏が、保有していた住宅を100ドルで妻に売却したそうだ。
しかも去年の11月の話。

2004年に購入したときの価格が日本円で約14億円だというから、そりゃ破格だ。


ご存知の通り、リーマンの破綻によってアメリカのみならず世界経済は大きな影響を受けた。
会社は直接救済されなかったものの、その後始末のために多額の税金が投入された(る)。アメリカ国民の怒りは当然だ。

しかし彼は曲がりなりにも倒産した企業のトップ。財産も没収されるのが普通なんじゃないか、と思って調べてみると、どうやら「連邦倒産法」という法律が関係しているようだ。

Wikipedia調べだが、債務者(この場合ファルド氏)の全財産はやはり没収されるのだが「除外財産」というのがあるそう。
そして、フロリダ州やテキサス州ではこの除外財産に上限額がない。すなわち、ここに家を建てておけば破産しても取られない、ということだ。

もちろん、ファルド氏の渦中の邸宅もフロリダ州にある。
以前には、O・J・シンプソンも同じようなことがあったそうだ。


何故ファルド氏は、妻にとはいえこんなに格安で家を売ったのか。
あくまで憶測だが、今回の件で多額の損失を被った投資家などに民事で訴訟を起こされた際の対策ではないか、ということだ。

記事の見出しが「mansion」となっていたので、つい日本のマンションを想像して記事を見てみたら、大邸宅すぎて笑った。

090128_1

それにしても、その記事に対するDiggのコメントも面白く、

「100ドルだって!? ふざけんな!オレなんて毎月200ドルも家賃払ってんだぞ!」

って、それもそれでうらやましいな。。

ブッシュ元大統領の支持率を振り返る

バラク・オバマが華々しく大統領に就任した。
メディアを見る限りだが、まるで世界に救世主が現れたかと思われるほどだった。

支持率は68%に達し、第二次大戦以降ではケネディ大統領に次ぐ数値だそうだ。

一方で、まるで悪人のように追い立てられ、静かにその座を去ったジョージ・W・ブッシュ。
「史上最低の大統領」と罵られた彼は、しかし「史上最高」の支持率を記録した大統領でもある。
その数字はなんと「92%」。それは、あの9.11の直後だった。

僕は過去を掘り返す暗い人間なので、もとい、過去の失敗から色々と学べるのではないか、ということで、彼の支持率の変遷と主に中東情勢を中心に時代背景をおさらいしてみた。

ミネソタ大学のSteven Ruggles教授のページに興味深いグラフがあった。

091225_11


ご覧のとおり、それまで50%そこそこだったブッシュ大統領の支持率は、9.11直後に跳ねあがっている。
あの衝撃的な光景を目にしたアメリカ国民は「テロ組織を撲滅せよ!」と一致団結したのだ。

その後の2002年、「悪の枢軸」発言で特にイラクに対する懸念を明確にしたブッシュは、彼らが「大量破壊兵器を持っている」と断言(結果的にはなかった)、遂にはサダム・フセインに対しイラク戦争を仕掛けた。

再度グラフを見てみると、落ち込んでいた支持率がこの時期にまたもや急回復している。
そして、2003年末のフセインの逮捕によっても(徐々に落ち込み始めているが)支持率が上昇しているのが分かる。


現在のアメリカ国民は、特に「大量破壊兵器」にまつわるブッシュのウソに嫌悪感を示しているように見受けられる。

ブッシュはフセインを殺したかった。だから適当な理由をでっち上げた。それに反対した幹部を更迭してまで。

という感じに。

しかし、2回目の大統領選挙直前の2004年、元財務長官のポール・オニールによって「ブッシュ政権は01年の発足直後から、フセインを世界から抹消するという信念があった」と暴露されたにもかかわらず、ブッシュは二選を果たした。
それを知ってもなお、アメリカ国民は彼に国を預けた。


その後、長引くイラク戦争で国は疲弊し、事態は収束するどころか余計に悪化してしまった。
戦争に資金をつかいすぎたせいもあり、国の債務は大幅に増え、経済状況は悪化し、退任直前にはこのとんでもない金融危機まで置き土産にした。

ここまで揃うと確かに「史上最低の大統領」の評価もうなずける。


ただ、ブッシュの目的が本当に自分の父親の宿敵でもあるサダム・フセインの打倒だとしたら、当時のアメリカ国民もまんざら「おかしい」とは思っていなかったのではないかなぁ、という気がしてしまう。

9.11直後、「仇を討て!」と血気盛んな国民に対し「まぁ、とりあえず落ち着け」と果たしてブッシュ以外の人だったら言えたのだろうか。そしてもし言えていたら、今ごろ稀代の名将として称えられていたのだろうか。

アメリカ国民:ブッシュはウソばかり。大量破壊兵器なんか持ってないじゃないか。
ブッシュ:だってみんながやれって言うから。


こうして支持率の変遷だけ見ると、そんな「学級委員に責任を押しつけるクラスメイト」風に見えなくもない。
果たして国民がだまされたのか、ブッシュがうまく国民を操っていたのか。本当はどっちだったのだろうか。

現在、アメリカ国民はバラク・オバマによるChangeに胸を焦がしているが、あまり過大な期待をかけすぎるのもどうなのかな、と思った次第。

そして、そのブッシュを強烈に支持した小泉政権もまた、日本国民によって高い支持率を誇っていたことも忘れないでおきたいと思う。つくづく、政治を見る目は難しいと感じる。

2009 PGAツアーの展望

PGAツアーとは(一般的に)アメリカのプロゴルフのツアーのことだ。
PGAのことに関して一般的にどれだけ知られているのか、またニーズがあるのか分からない(多分ないだろう)が、好きなので書いてみる。

年明けから早速始まったわけが、第2戦のソニーオープンでいきなり丸山茂樹が単独首位でスタートした。これはすごい。
2日目を終えた今日3位タイになったものの、まだトップとは1打差。これで丸ちゃんが6年ぶりにツアー優勝でもしたとなったら、年明け早々明るいニュースが飛び込んでくる。

タイガーしかり、まぁ今のゴルファーは誰でもそうだけど、幼いころから猛練習を重ねているから選手寿命が短くなっているという説がある。
丸山も例外ではなく、本人も09年は日本での活動を中心にすると言っていたり、残念ながらもう選手としての峠は越したのかなという感もあったが、ここにきて踏ん張りを見せてくれるのはすばらしいことだ。あえていばらの道を選び戦っている姿は、見ているほうも勇気づけられる。

あと日本人で言えば、やっぱり今田竜二だろうな。
去年初めての優勝、これ自体日本人で3人目なんだからとてつもない快挙なんだが、日本ではあまり大々的に報道されていない。今田自身の知名度も、アメリカのほうが高いのかもしれない。
ゴルフは競技人口が多い割には、特に海外で活躍する選手の報道が極端に少ない。宮里藍の成績を知っている人もあまりいないだろう。日本で実績を残して海外に出ると、まるで忘れ去られたようになる。
出るほうも興行するほうもスポンサードするほうも、国内のほうが圧倒的に金になるんだろう。

当然何より注目なのはタイガー・ウッズが帰ってくる時期とそのコンディションだ。
早ければ2月下旬にも出てくるのではと言われているみたいだが、とにかく万全の体制で戻ってきてほしい。今回で二度目の手術なわけだし、また傷めてしまったらそれこそ彼の全盛期が終焉を迎えるという、全ゴルフファンが恐怖する現実が訪れてしまう。

ほかでは、ミケルソンやガルシアはもちろん、A・キムやカミロ・ビジェガスなんかの若手にも注目したい。特にキムの最近の伸びはすごい。今年一番注目の選手だと思う。去年のミディエイトみたいな意外な伏兵が出てくるのも楽しみだな。

個人的にはアーニー・エルスやジム・フューリックが好きなので、まだまだ質の高いプレーを見せてほしいと願っている。

日本国内は、今年も石川遼一色になるのだろう。
彼はもう完全に人気だけの選手ではなくなった。注目されるドライバーの距離だけではなく、アプローチやパターどれをとっても日本ではトップレベルだと思う。
急ぎすぎてつぶれてしまうのも怖いのでまだ早いと思うが、将来的にはぜひ世界に出て戦ってほしい。

国内や女子のことを書き出すと長くなりそうなので、また別の機会にしたい。