「なまはげ」はもうやめたらどうでしょうか

僕は秋田に行ったことはない。
なので実際に見たことはないのだが、なまはげはもうやめた方がいいと思う。勝手にそう思っている。

いつから続いているのかは知らず、調べるつもりもないのだが、多分かなり昔からの習慣なのだろう。おそらく僕の事前知識は、ほとんどの方が持っているものと変わらないので、なまはげ自体の説明は省く。

名目上は、子供たちの健やかな成長のためみたいなことを聞くが、見る限り子供たちは大抵、尋常ではない怖がり方だ。
そりゃそうだ。あんなものが突然来たら大人でも相当怖い。

鬼のいでたちをして子供を驚かすことが、学習心理学上健全とは思えない。
それに、あの格好をしている大人の側が、ある種の恍惚感を得ていることは間違いないだろう。年に一度(なのか分からないけど)、あの格好で道を歩いていれば、おそらく警察にも邪魔されることなく「最強」でいられる。鬼の仮面をかぶることで、自分が強くなったような錯覚に陥る。

以前、なまはげが痴漢をしたというニュースがあったが、そこにも表れているのではないか。あの「コスプレ」が、秋田の中では「何をしてもいい」特権を持っているという錯覚が。

考えてもみてほしい。秋田以外の、たとえば東京で、小さな子を持つ父親が突然鬼の格好をして「うぎゃー」とかなんとか言って子供を驚かしたら、奥さんはなんと言うだろうか。それこそ烈火のごとく怒るんじゃないだろうか。

昔から続く伝統行事かもしれないが、子供たちの心に無駄なトラウマを残す可能性が少しでもあるのなら、やめた方がいいと思うんだ。
大げさというかもしれないが、人間の精神の発達は3歳までが非常に大事なのだから。その後の人生が大きく左右される可能性があるんだから。

おそらく秋田の子供は、何か悪いことをすると「なまはげが来るよ」と言われるんだろう。それは農業と子育てに忙しい大人にとって、好都合のセリフだったのかもしれない。
確かに僕は秋田に行ったことはないけど、その近くにならある。そこから想像するに、きっと食べ物もおいしく、人々も朴訥で、ゆっくりとしたすてきな時間が流れている土地に違いない。

だからこそ、伝統行事に縛られすぎることなく、時には捨ててみるという決断もあってもいいんじゃないかな、と思うのだが。

僕は独身で子供もいないが、もし自分の子供がなまはげに驚かされていたら、容赦なくそのなまはげをぶん殴って叩き出すだろうな。

「「なまはげ」はもうやめたらどうでしょうか」への11件のフィードバック

  1. 秋田も知らない。
    独身で子供もいない。
    調べるつもりもない。
    ・・・その立場であまりに一方的過ぎませんか?
    (ブログだからいいのかな)

  2. >青と白さん
    僕は学習心理学を少し学んだことがあるのですが、その立場から、幼いころに「(親や教師が持つものとは異なる)得体の知れないものの脅威」「理不尽な恐怖」を植えつけることは、プラスにならないと認識していました。
    例えば意味もなくおびえやすくなったり、大胆さが失われたり、オカルトのようなエセ科学的なものを信じやすくなるということです(もちろん人によります)。
    一般的に、心理学の世界は派閥によって考え方がまったく逆だったりで、正解は難しいのですが。

    ただおっしゃるとおり、ろくに調べもせず、現場も知らないくせに気軽に物を言いすぎたかもしれません。ブログだからとも思っておりません。ご指摘感謝いたします。

  3. >通りすがりさん

    おっしゃっていることは正しいと思います。

    一度書いたことの責任を持つため、訂正することはしませんが、ご気分を害されたのであれば謝罪します。

  4. 日本には一億二千万以上の人間がいますし全国各地の伝統行事をどう思おうとそれは仕方ないし、勝手です。しかし一個人(秋田を知らない.行ったこともない.独身で家庭も持たない者)の貴方が何をどれだけ知り得たのでしょうか? 貴方の言うことを秋田県民の方達はどう捉えてどう思うでしょうか? しまいには、「自分の子供が泣かされたら、なまはげをぶん殴って叩き出す」という暴言的なセリフ自体にどういう意味があるのでしょうか? 貴方の一方的な発言ばかりで、なぜ必要なのか?土地の方達はどうして「なまはげ」に寛大なのか?その他理由もあるでしょうが相手側の立場を考えた上での発言とは思えません。それほど「なまはげ」が嫌であるならば 「なまはげを根絶する協会」等 法人でも立ち上げて反対署名運動でも始めてはいかがですか?

  5. ま、句読点と改行がまともに出来ない人は文章書くなってのもあるんだけどね。

    それはそうとこういう伝統行事ってやめるにやめられないところも多いにあるんでしょうね。
    私は大阪の人間なんですが岸和田のだんじり祭、アレもうちょっとスピード落として走ってもいいんじゃないの?って思います。
    そもそも神輿担いで走るなよって感じもします(笑
    しかしながら、別にやめたらいいんだろうかとは不思議と思いません。

    うまく言えませんがそれが『伝統』ってものの力なんでしょうね。
    これが『因習』なら誰かが既に変えているでしょうし・・・。

    ともかく記事の論理性は決して高くないけれど、直感的で興味深いエントリーとして読ませていただきました。

  6. 全てをひっくるめて郷土愛ってもんでしょう!地元でもないのに蚊帳の外の人間がどうこう言うもんじゃない! 一度試しに体験して見ると良い!自分の視野が開けるかもね〜

  7. 秋田在住のものです。ご意見楽しく拝見いたしました。子供の頃は毎年大晦日にナマハゲが来ました。思えば、雪が降り始めるとナマハゲ来襲の日を想像して、毎日脅えたものです。最近の秋田県のナマハゲに対する考えには疑問があります。『伝統』とか『風習』であればそれなりに大切にして欲しいのですが、まるで客寄せパンダのように出しまくりです。観光資源になりうると考えているのでしょうが、ナマハゲが里にくるのは大晦日だけです。『伝統』を考えるのなら昔のようにその地域だけの秘祭であるべきです。ですが現状を考えるに、赤と黒さんがいうように、捨てるのもいいかもしれません。秋田県人は驚くほどガンコです。人の意見を聞きません。無くなってからその大切さを痛感する、こまった県民性ですから。ダメになる前に一度ナマハゲを捨てるのに、賛成です。ただ、子供のトラウマになるかどうかについては、疑問があります。昔から続いておりますが、私の知る限りナマハゲ行事でトラウマになったという児童(自分のいた学校等)はいなかったですね。当たり前のように脅え、泣き、逃げ回っておりました。小学3年程度になりますと、中身はどこのだれだと解りますので、それほど怖くはなくなったものでした。地元ではない方の意見というのも貴重なものです。赤と黒さん、ありがとうございました。

  8. 私もトラウマになると思います‼
    東京の生まれですが、子供の頃にTVでナマハゲのニュースを見た事でさえ、大変恐ろしい映像として 心に染み付いています。
    実際にあんなキョーレツな風体の包丁持った鬼達が、ギャーギャー喚きながら家に上がってきたりしたら、泣くだけで済みそうもありません!

    やめた方がいいというのは、地元の方にしたら大きなお世話なのでしょうか…⁇

  9. 伝承館行ってきました。
    大人だからですかねー、こんな、地域のつながりの残る文化があること、そのことがうらやましくなりました。

    あなたが地元であったとしても、必至に残そう守ろうという人たち、努力している人たちがいるものに対しては、いかに自由とはいえ、書くのではなく思う程度にしたほうがいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。