ブッシュ元大統領の支持率を振り返る

バラク・オバマが華々しく大統領に就任した。
メディアを見る限りだが、まるで世界に救世主が現れたかと思われるほどだった。

支持率は68%に達し、第二次大戦以降ではケネディ大統領に次ぐ数値だそうだ。

一方で、まるで悪人のように追い立てられ、静かにその座を去ったジョージ・W・ブッシュ。
「史上最低の大統領」と罵られた彼は、しかし「史上最高」の支持率を記録した大統領でもある。
その数字はなんと「92%」。それは、あの9.11の直後だった。

僕は過去を掘り返す暗い人間なので、もとい、過去の失敗から色々と学べるのではないか、ということで、彼の支持率の変遷と主に中東情勢を中心に時代背景をおさらいしてみた。

ミネソタ大学のSteven Ruggles教授のページに興味深いグラフがあった。

091225_11


ご覧のとおり、それまで50%そこそこだったブッシュ大統領の支持率は、9.11直後に跳ねあがっている。
あの衝撃的な光景を目にしたアメリカ国民は「テロ組織を撲滅せよ!」と一致団結したのだ。

その後の2002年、「悪の枢軸」発言で特にイラクに対する懸念を明確にしたブッシュは、彼らが「大量破壊兵器を持っている」と断言(結果的にはなかった)、遂にはサダム・フセインに対しイラク戦争を仕掛けた。

再度グラフを見てみると、落ち込んでいた支持率がこの時期にまたもや急回復している。
そして、2003年末のフセインの逮捕によっても(徐々に落ち込み始めているが)支持率が上昇しているのが分かる。


現在のアメリカ国民は、特に「大量破壊兵器」にまつわるブッシュのウソに嫌悪感を示しているように見受けられる。

ブッシュはフセインを殺したかった。だから適当な理由をでっち上げた。それに反対した幹部を更迭してまで。

という感じに。

しかし、2回目の大統領選挙直前の2004年、元財務長官のポール・オニールによって「ブッシュ政権は01年の発足直後から、フセインを世界から抹消するという信念があった」と暴露されたにもかかわらず、ブッシュは二選を果たした。
それを知ってもなお、アメリカ国民は彼に国を預けた。


その後、長引くイラク戦争で国は疲弊し、事態は収束するどころか余計に悪化してしまった。
戦争に資金をつかいすぎたせいもあり、国の債務は大幅に増え、経済状況は悪化し、退任直前にはこのとんでもない金融危機まで置き土産にした。

ここまで揃うと確かに「史上最低の大統領」の評価もうなずける。


ただ、ブッシュの目的が本当に自分の父親の宿敵でもあるサダム・フセインの打倒だとしたら、当時のアメリカ国民もまんざら「おかしい」とは思っていなかったのではないかなぁ、という気がしてしまう。

9.11直後、「仇を討て!」と血気盛んな国民に対し「まぁ、とりあえず落ち着け」と果たしてブッシュ以外の人だったら言えたのだろうか。そしてもし言えていたら、今ごろ稀代の名将として称えられていたのだろうか。

アメリカ国民:ブッシュはウソばかり。大量破壊兵器なんか持ってないじゃないか。
ブッシュ:だってみんながやれって言うから。


こうして支持率の変遷だけ見ると、そんな「学級委員に責任を押しつけるクラスメイト」風に見えなくもない。
果たして国民がだまされたのか、ブッシュがうまく国民を操っていたのか。本当はどっちだったのだろうか。

現在、アメリカ国民はバラク・オバマによるChangeに胸を焦がしているが、あまり過大な期待をかけすぎるのもどうなのかな、と思った次第。

そして、そのブッシュを強烈に支持した小泉政権もまた、日本国民によって高い支持率を誇っていたことも忘れないでおきたいと思う。つくづく、政治を見る目は難しいと感じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。