Javariをはじめて使ってみたら、とんでもない罠にはめられた件

履いていた革靴がだいぶ疲れてきたので、何度でも返品OKという、Amazonの靴&かばん販売サイトJavariをはじめて使ってみた。

上は10万円を越えるものから、1万円を切るものまで品揃えが意外と豊富だ。ほとんどの靴に色違いもある。
ただ、サイズがないものは結構あった。

デザインは確認できてもやはり革の質感とかは手に取らないと分からないよなぁ、と思いつつ、まぁ嫌だったら返品すればいいかと思うと気が楽になる。
やはりこの「返品OK」はでかい。というか、そうでなきゃネットで靴など買えないか。

サイト上には「あと○時間以内にご注文いただければ、明日のお届け」という文字。
別に急いでいたわけではないけど、本当に急を要するときは便利なのかもしれない。
明日どうしても靴(orかばん)が必要!という状況はあまり思い浮かばないけども…


とりあえずめぼしいものを見つけて注文。当たり前だけど、本当に次の日すぐ着いた。

デザインはまぁ思ったとおり。手触りや質感なんかも、値段の割にはいいかな。
試し履きもして(この時、ちゃんと両方履かなかったのが敗因…)サイズもOK。

ここまで、総じて高評価。次も使ってみてもいいかな、と思っていた。



そしていよいよ初日。靴をおろすというのは、いつでも嬉しいものだ。

し、しかし、ここで予想もしないトラップが待ち構えていようとは!

「さぁ、この時何があったでしょう?」とクイズにしても、絶対に誰も当てられないだろう、という自信がある。



答えは何と「片方の靴紐だけ異様に長い!!」

ヒィー! なんじゃこりゃーー

しかも、ちょっとどころじゃない。すげーーー長い。
きちんと縛っても、歩いていたら確実に踏んづけるだろうな、というくらい。


なんなんだよ、この地味すぎる嫌がらせわぁぁぁ!

まぁこれで返品も面倒なので、靴紐買いましたよ。。
他の人でもこんなことあるのかな。。 まぁ相当レアケースだろうな。

次も使うかどうかは悩み中…

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。