[映画]『マンマ・ミーア!』 フィリダ・ロイド監督

評点:60点(100点満点中)

世界中で大ヒットを記録したという舞台の映画化。
ギリシャの小島を舞台にしたということだが、その景色の美しさには目を見張るものがあった。
一度でいいからこんなところで暮らしてみたい、と思ってしまう。

しかし現実はそう簡単なものではないと、主演のメリル・ストリープはうまく表現していたと思う。

あらすじは、メリル・ストリープ扮するドナの娘が、自分の結婚式にまだ見ぬ父親に会いたい一心で、その候補である男性三人に同時に招待状を送ってしまうことから始まる騒動。

カテゴリとしてはミュージカル映画になるのだろうが、見終わった感想はラブコメディという感じだった。
確かにABBAの音楽に乗せた歌とダンスは軽快で見ていて楽しいが、例えば「RENT」のような一流のミュージカル・アクターが集まっているわけではないので、それを期待して観にいくのはオススメできない。


小島のホテルを一人で切り盛りし、娘を一人前まで育て上げた女性のたくましさを、メリル・ストリープは髄所にたくみに織り交ぜている。
美しい風景の中にも、人生の苦悩と苦労、過ぎ去った過去の記憶とこれから、そんなものを言葉に出さずに表現しているのはさすがだと思った。

娘を送り出す後ろ姿を見送るシーンなどは、わずか数秒でさまざまなことを想起させるし、やはりこの人はシリアス・ドラマでこそ映えるのかな、という気もしてしまった。


ただ、前述のように全編を通じて歌とダンスは、娘役のアマンダ・セイフライド(彼女は非常にうまい。吹き替えかどうかは分からないが)以外は正直イマイチ。特にピアース・ブロスナンは彼の良さを完全に消されてしまっていて、かわいそうにも思えた。
また物語の終盤以降の流れは、スピーディすぎてちょっとついていけなかった。「なんでこうなるの?」と、つい頭で考えてしまうが、それはこの映画ではタブーなのかもしれない。


とにかく、ストーリ性などを考えず「ちょっと落ち込んでるから元気になりたいな」とか、大学生のカップルがはじめて観にいく映画とかには最高にぴったりだ(皮肉的な意味はまったくない)。
特に女性で、この手の映画が嫌いという人はまずいないんじゃないだろうか。


そんな感想です。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。