読みやすい文章を書くちょっとしたコツ


仕事で文章を扱うことが多いのだが、文章には、やはり読みやすいものとそうでないものがある。

もちろん、構成力や表現力が大きく関わってくるので一概には言えないが「文章を読みやすくする」テクニックというのはあると思う。そしてそれは、気をつけさえすればすぐにできる。

※文法の正式な知識はほとんどなく、すべて自己流です。

1:なくても意味が通じる言葉は極力なくす、または代用

とりあえず、これに尽きると思う。

文章を書くうちについつい陥りがちなのが、話し言葉で書くこと。
推定、形容などは別として、「なくても意味が変わらないな」と思ったらなるべく削除する。

「ような、ように」
    黙って従うようなことはしない。
    黙って従うことはしない。
※削除しない方がいいケース(意味が変わってしまう)
    異次元からきたような物体
    異次元からきた物体

「なの」
    そういう訳なのだが
    そういう訳だが

「のだが(のだとetc…)」
    信じているのだが
    信じているが

「だろう」
    そうだろうと思う。
    そうだと思う。

「という、ということ」
    その理由というのは
    その理由は

「けれど、けど」
    ではないけれど、
    ではないが、


実際につなげてみると…

黙って従うようなことはしない。とにかく、そういう訳なのだ。
私はそう信じているのだが、彼もそうだろうと思う。
その理由というのは…




黙って従うことはしない。とにかく、そういう訳だ。
私はそう信じているが、彼もそうだと思う。
その理由は…


ほ~ら、少し読みやすくなった… かな…?


2:ひらがなを多用

漢字を適度にひらがなに置き換えるだけで、文章はやわらかみを増し、読みやすくなる。
論文などは別として、ブログの記事などでは有効な手法だと思われる。

どんな言葉をひらがなにするかは迷うところだが、私が気をつけているのは
「時(とき)」「事(こと)」「出来る(できる)」「等(など)」「物(もの)」「所(ところ)」など、比較的よく使う言葉が多い。
文章中で統一できていれば、例えばブログ全記事で統一する必要はないと思う。

    あの時、そんな事が。
    あの時、そんなことが。
    あのとき、そんなことが。


3:同じ語尾を連続で使わない

これはそのままで、語尾が同じだと読んだとき違和感があるので、言い回しを意図的に変える。

    事前にこれを見ていただきますと、スムーズに取り組んでいただけます。
    事前にこれを見ていただきますと、スムーズに取り組めます。


4:句読点と改行を活用

句読点のつけどころは人によって実はすごく差があるが、私は小学校で習ったとおり「読んだときに息つぎするところ」および「ブロック単位で独立している文章」を意識している。
また、普通なら必要な場合でも「」の前後にはあまりつけないようにしている。「」自体が文章を区切る目的を果たしているからだ。

難しいのは改行で、これはブログやメールだけの話になるが、以下の3パターンがあると思う。

a:段落ごとにいれるもの
もっともオーソドックスなもの。段落と段落の間に改行を入れるかどうかは、必ず入れる人と、違う話題になったことを意図的に明示するために入れる人がいる。

「アルファブロガー2008」というところから引っ張ってきた例文をつけてみた。
 小沢一郎氏の初当選からの言動を振り返る・その一

b:レイアウトのために入れるもの
文章の途中でも、レイアウトを重視するためにあえて改行を入れるもの。
 大野事件の終焉:無罪確定

ビジュアル的に読みやすくなる効果があるものの、あまり入れすぎるとケータイ小説みたいになるので要注意。
また、ブラウザやメーラーによってフォントの幅も異なり、意図しないところに改行が入ってしまわないよう注意するのが結構大変。

失敗例:
    あたし、べつに大学なんかいきたくない
    し、
    ていうか、お前が決めんなよ、みたいな。

c:「オチ」のために使うもの
古くは「僕秩」のヨシナガさんから、「鬼嫁日記」まで、話のオチを引っ張るために、意図的に改行を多く入れる場合がある。
ただしこれは文章がうまいことが前提で、普通の人がたいしたオチもないのに多用すると結構ツライ。

失敗例:
    だから、声を大にして僕は言いたい!

    何も分かってない世の女どもよ!










    たまには僕にかまってよ^^;


特に「1」は、事実を述べたり意見を表明する文章に向いており、普通の日記や友だち同士の文章はもっと表現力旺盛な方がいいと思う。
また、当ブログで「ですます調」ではなく「である調」を使っているのもなるべく文章を短くするためなのだが、やはり威圧的という印象も与えてしまう。

初めからこれを意識して書く必要はなく、何も気にせずに一度文章を完成させてから、推敲時に添削するのが効果的だと思う。

LINEで送る
Pocket