WBC決勝・10回表 なぜ韓国はイチローを敬遠しなかったのか

連日のWBCネタ。

いやぁ、日本勝ちましたねぇ!
期待されながら結果を残す。選手、監督選考、色々ゴタゴタした中で連覇を達成する。本当にすばらしい!!

そして、調子が出なかった中で最後の最後で決勝打を放ったイチロー。
スーパースターとはこのことを言うんだろう。本当にすごい。

今日ばかりは選手の皆さんは美酒に酔っていただきたい。


しかし、しかし… 水をさすわけでは決してないのだけど…

試合を見ていなかったため、スポーツナビの「テキスト速報」での確認になってしまうが、決勝打を放った時のイチローの打席を振り返ってみたい。


まず、打席に立った時点では、二死一・三塁。
2球目に岩村が盗塁を決め、二死二・三塁となる。この時点でカウントは1・1。


私は野球の専門家でも何でもないが、セオリーどおりに行けばここはどう考えても敬遠じゃないんだろうか。

同点で延長。一塁が空いている状況で、バッターは今日3安打している、あの「イチロー」だ。

明らかに投手力で上回る日本に対し、この状況で1点も大量得点も同じようなもの。
確かに次の中島も怖いが、どう考えても、外野に抜けない限りアウトにできる、満塁策が定石だったのではないだろうか。

少なくとも真っ向勝負ではなく、ボールになっても構わないきわどいコースで攻めるべきだったはずだ。あれだけ粘られてもいるのだから。
事実、この後まったく同じ状況で打順が回ってきたこの日1安打の青木に対しては、迷うことなく敬遠を選んでいる。

韓国にしてみれば、このイチローとの対戦が命取りになった。
日米通算3,000本近いヒットを放ち、メジャーリーグで数々の記録を塗り替え、現在世界最高と言われるバッターに勝負を挑んだばかりに。


ここからは私の勝手な妄想だが、韓国国民にとって「イチローを敬遠する」という行為は、とても許されないことだったのではないだろうか。

イチローが韓国を挑発し続けてきたことは有名だ。それは巧妙な心理作戦だと私は思うけど。
それに対し、韓国は過剰なまでに反応してきた。現地でも、韓国応援団のイチローへのブーイングはすさまじかったという。


これもひどい妄想なのだが、先日の順位決定戦は、韓国はある意味で手を抜いたんじゃないかと思っている。
それまで1つしかなかったエラーが、その試合だけで確か3、4つあった。

エラーした選手もヘラヘラ笑っているし、監督の采配も「絶対に勝つ」という気持ちは見られなかった(それは日本も同じだったけど)。
わざと負けたとは言わないが、準決勝ではアメリカよりベネズエラがいい、と考えていなかったことはないと思う。

そしてまんまとベネズエラに打ち勝ち決勝に進んだのを見たとき、私は韓国の狡猾さを見たような気がした。
「嫌日の韓国が日本に負けて悔しくないはずがない」という人がいるが、私は韓国チームもそんなにバカではないと思う。

順位決定戦での負けは甘んじて受けても、決勝で勝利し優勝することこそが、国民も納得する本当の勝利だと分かっていたはずだ。


しかし、それでもイチローを敬遠することはできなかった。
最後の最後で、変なプライドというか、憎しみというか、妙なものが邪魔して、愚かにも敗北してしまったのではないだろうか。
もし逆だったら、韓国にイチローがいたら、日本人は皆「そこは敬遠だろ!」と怒っていたのではないか。


もしかしたら、選手や監督は敬遠したかったのかもしれないな。
でも、帰って何言われるか分からないからやれなかったのかな…


このあたりは、野球通の知り合いや、夜のニュースの解説や、ヤフー知恵袋で釣り質問でもして聞いてみることにしよう。

LINEで送る
Pocket

「WBC決勝・10回表 なぜ韓国はイチローを敬遠しなかったのか」への5件のフィードバック

  1. 私もそう思いました。

    イチローを敬遠すること、それは
    イチローと戦わずして屈すること

    あれだけブーイングをしていた
    (それは強力な選手だと認めている証拠なのでしょうが)
    選手から逃げたバッテリーを韓国国民が許すとは思えない…

    普段から偉そうにしていると
    折れなければいけない時に折れることができず
    痛い目にあう好例だと思いました。

    イチロー選手のあの場面での重圧は半端じゃなかったと思います。
    しかし、バッテリーにも韓国国民が
    半端じゃ無い重圧を与えていたのも事実だと思います。

  2. tamaoさん
    コメントいただきありがとうございます。

    先ほどTBSの再放送を観てみたのですが、解説でも指摘されていましたが、やはりあそこは勝負に行く方が不自然なくらいでしたね。意固地になっていたとしか思えませんでした。

    おっしゃるように、韓国国民がイチローへの敬遠を許さないのであれば、正々堂々と勝負して打たれたピッチャーを非難するようなことをして欲しくないですね。

    個人的には、アメリカ、キューバ、メキシコという強豪を破って、アジアの国同士が決勝を行っていること自体すごいことだと思うし、本当にお互いすばらしい試合をしてくれたのだから、両国の選手を称えたいですね。
    まぁ、日本が勝っていなければそうは思えてないかもしれませんが(汗

    それにしても、イチロー本当にすごい。みんな最高にかっこいいですね。

  3. 韓国の監督がセオリーを使えない何かプレッシャーがあったとするのに同意見です。

    もう一つ二球目を盗塁させた原監督の采配を賞賛します。監督は韓国がイチローと勝負する‐逃げないと読んだのではないでしょうか。

    TBします。

  4. >月隅さん
    コメントいただきありがとうございます。

    やはり、空気のような見えないプレッシャーがあったのでしょうかね。

    「二球目を盗塁させた」という点に目をつけられるというのは、月隅さんは相当な野球通なのでしょうか。原監督がそこまで見抜いていたとしたら、すばらしい眼力ですね。

    TBもいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。