WBC決勝・10回表 なぜ韓国はイチローを敬遠しなかったのか


連日のWBCネタ。

いやぁ、日本勝ちましたねぇ!
期待されながら結果を残す。選手、監督選考、色々ゴタゴタした中で連覇を達成する。本当にすばらしい!!

そして、調子が出なかった中で最後の最後で決勝打を放ったイチロー。
スーパースターとはこのことを言うんだろう。本当にすごい。

今日ばかりは選手の皆さんは美酒に酔っていただきたい。


しかし、しかし… 水をさすわけでは決してないのだけど…

試合を見ていなかったため、スポーツナビの「テキスト速報」での確認になってしまうが、決勝打を放った時のイチローの打席を振り返ってみたい。


まず、打席に立った時点では、二死一・三塁。
2球目に岩村が盗塁を決め、二死二・三塁となる。この時点でカウントは1・1。


私は野球の専門家でも何でもないが、セオリーどおりに行けばここはどう考えても敬遠じゃないんだろうか。

同点で延長。一塁が空いている状況で、バッターは今日3安打している、あの「イチロー」だ。

明らかに投手力で上回る日本に対し、この状況で1点も大量得点も同じようなもの。
確かに次の中島も怖いが、どう考えても、外野に抜けない限りアウトにできる、満塁策が定石だったのではないだろうか。

少なくとも真っ向勝負ではなく、ボールになっても構わないきわどいコースで攻めるべきだったはずだ。あれだけ粘られてもいるのだから。
事実、この後まったく同じ状況で打順が回ってきたこの日1安打の青木に対しては、迷うことなく敬遠を選んでいる。

韓国にしてみれば、このイチローとの対戦が命取りになった。
日米通算3,000本近いヒットを放ち、メジャーリーグで数々の記録を塗り替え、現在世界最高と言われるバッターに勝負を挑んだばかりに。


ここからは私の勝手な妄想だが、韓国国民にとって「イチローを敬遠する」という行為は、とても許されないことだったのではないだろうか。

イチローが韓国を挑発し続けてきたことは有名だ。それは巧妙な心理作戦だと私は思うけど。
それに対し、韓国は過剰なまでに反応してきた。現地でも、韓国応援団のイチローへのブーイングはすさまじかったという。


これもひどい妄想なのだが、先日の順位決定戦は、韓国はある意味で手を抜いたんじゃないかと思っている。
それまで1つしかなかったエラーが、その試合だけで確か3、4つあった。

エラーした選手もヘラヘラ笑っているし、監督の采配も「絶対に勝つ」という気持ちは見られなかった(それは日本も同じだったけど)。
わざと負けたとは言わないが、準決勝ではアメリカよりベネズエラがいい、と考えていなかったことはないと思う。

そしてまんまとベネズエラに打ち勝ち決勝に進んだのを見たとき、私は韓国の狡猾さを見たような気がした。
「嫌日の韓国が日本に負けて悔しくないはずがない」という人がいるが、私は韓国チームもそんなにバカではないと思う。

順位決定戦での負けは甘んじて受けても、決勝で勝利し優勝することこそが、国民も納得する本当の勝利だと分かっていたはずだ。


しかし、それでもイチローを敬遠することはできなかった。
最後の最後で、変なプライドというか、憎しみというか、妙なものが邪魔して、愚かにも敗北してしまったのではないだろうか。
もし逆だったら、韓国にイチローがいたら、日本人は皆「そこは敬遠だろ!」と怒っていたのではないか。


もしかしたら、選手や監督は敬遠したかったのかもしれないな。
でも、帰って何言われるか分からないからやれなかったのかな…


このあたりは、野球通の知り合いや、夜のニュースの解説や、ヤフー知恵袋で釣り質問でもして聞いてみることにしよう。

LINEで送る
Pocket