[映画]『ツォツィ』 ギャヴィン・フッド監督


評点:55点(100点満点中)

アカデミーつながりでもうひとつ。2005年の外国映画賞を受賞した作品。
それにしても、観る作品が微妙に今更感漂うが、気にしない気にしない。


舞台はアフリカ。
豪邸に住む富裕層と、吹きざらしの土管しか住むところがない子供たち。今アフリカが置かれている貧富の格差を、否応なしに見せつけられる作品だ。

主人公は、そんな貧しい環境で育った少年。若くして強盗や殺人を平気な顔でこなす、まるで感情というものが存在しないかのような彼は、ある日盗んだ車から生後間もない赤ちゃんを発見する。
すぐに返すこともできたはずの彼だったが、そうしない。赤ん坊という絶対的に無力な存在を前に、自分が体験できなかった親からの愛情を逆の立場になって追体験するかのように、また、自分は誰かの役に立っている、生きていて構わないんだと再認識するかのように、彼は赤ん坊と接する。

幼くして拳銃を操り、人から奪い、殺すことでしか生きられなかった少年。
この映画は、責めるべきはそんな少年ではなく社会であるという明確なメッセージが見て取れる。

この絶望的な状況が現在のアフリカで繰り返されているのだとしたら、相変わらず無力な自分を呪うことしかできなくなる。何とか好転してほしいとは思う、しかし自分から出かけて行って何かを変えようとするまでの行動力や勇気はない。
「この状況を見て、お前には何ができるんだ?」と、監督は観ているものに問題を叩きつけているのかもしれない。

しかし少し不満だったのは、少年の心が移り変わっていくところの描写が足りなかったこと。
彼は作品中で確実に成長し変化しているのだが、その心境の描写が物足りなく感じた。

85分という短い時間に編集したのは勇敢だったと言えるけれど、個人的にはもう少し観たかったな、というところ。

LINEで送る
Pocket