[読書]生きながら火に焼かれて スアド(訳:松本百合子)

愛する男性と婚前交渉をしたという理由で、ガソリンを頭からかけられ焼き殺されかけるという経験を記した書。2003年にフランスで刊行され、ベストセラーとなった。

著者が住むシスヨルダンは、国全体に警察の手が回らないこともあり、そのような「名誉の殺人」が当然の風習として今も残っている。
女性は婚前交渉はおろか、男性との会話や目を合わせることすら許されていない。それどころか、女性は男性の完全なる支配下にあり、男の赤ん坊を産むこと以外「無価値」とされ、毎日鞭で打たれて奴隷のように働く。勝手に家の外に出ることすらかなわない。このような地域が、世界にはまだあるのだ。

地域社会は「建前」を何よりも重んじ、女性のそのような行為は家族にとって最大の屈辱であると考えるのだ。だからこそ「名誉の殺人」はその行為者が褒め称えられることすらあれ、被害者に同情する人などいない。
この違いはまさに圧倒的だ。ちょっと想像すらできない世界である。

著者はこの地域の様子、価値観、日々の生活を克明に描いている。衝撃的な事実は数多いが、そのひとつに、著者の母親が出産をしてその赤ん坊が女の子だと分かった瞬間殺害する、というものがある。兄弟は元々女性が多く、これ以上は必要ないと考えたからだろうと言われる。著者は、複数回そのような光景を見たと伝える。そして、次の日からは何事もなかったかのように日々が始まるというのだ。
文体で見るだけでも痛みに襲われる。

そして、著者は結婚の約束をした愛する人の子どもを、半ば強引な行為によって身ごもってしまう。それ自体、本人は悪いことだとは分かっていたが、すぐに結婚さえすれば何とかなるだろうと考える。

しかし、男性は裏切った。著者は絶望の闇に落ちる。周囲に悟られにうちに堕胎しようと、自らのお腹を角に強くぶつける描写などは、あまりにも辛すぎる。

そして、その日がくる。著者は姉の夫によって髪の毛に火をつけられる。
何とか生き延びたものの、やけどによってあごと胸が癒着してしまうほどの大やけどを負う…

その後、身ごもった子どもの出産、国外脱出、新たな相手との結婚と出産、と彼女の半生が綴られる。そのあまりにも壮絶な人生に、本当に言葉も出ないほど圧倒される。


世界にはさまざまな文化があり、特に近代では、それらは尊重すべきものだと思うが、やはりこれは悪習だといわざるを得ない。男女が平等である云々ということではなく、最大限に尊重されるべきは「生命」であり、何物をもそれより上位にくるべきではないと思う。
日本でも「名誉」や「尊厳」が重要視されていた時代が、そう古くない過去にあった。今でもそれを重要視している人は多いとは思うが、一般的には「名誉を汚したので死んで詫びる」という風潮はなくなっているだろう。日本は変わったのだ。

著者が育ったこの地方だって変われるのではないか。変わって欲しい。価値観を押し付けるわけではなく、そう思えて仕方ない。

この本唯一の救いは、エンディングだ。とてもすばらしい(著者は存命なので、あくまでこの本での)ラストには、胸が熱くなる。
本書は、現代を生きるすべての人にとって読む価値のある、一度は読むべき書だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。