「男の子牧場」は意外と面白いかも

サイバーエージェント、男性情報を共有するサイト「男の子牧場」を開始

略して「おとぼく」。
「婚活」「草食系」などのBuzzワードを頻繁に使っているが、サイトの区分としては出会い系ということになるんだろう。

ブログ、Twitter界隈では予想通りネガティブな反応が多いが、個人的には今までにない面白いものだな、と感じた(まだ利用はしてないが)。

理由は、
・女性が自らの顔を出さなくてよい
 →出会いを求める女性は多いが、自分の写真を表示するのはかなりの抵抗がある
・男性は「自分で登録したわけではない」と言い訳できる
 →何かあったら「オレは嫌だったんだけどさぁ…」と言える
・女性 > 男性という明確な線引きをしたことにより、ある程度開き直った、明るいコミュニティ形成が期待できる


そして、サイトへの積極的な参加を促すためのモチベーションも、男女別に用意されている。

■女性のモチベーション
・たくさんの男性をストックすることで周りからの注目度が上がり、他の女性から「友だちになって欲しい」とアプローチが来る。そうなれば、自分が出会える男性の数も自然と多くなる。
・男性に出会いを提供することで感謝される。

■男性のモチベーション
・とりあえず登録しとけば、何もしないでいい。自分からは動けないものの、女性の側からアプローチしてくれる。
・不特定多数ではなく、自分を登録した女性が承認した相手にしか写真を見られる事はないので、抵抗感は薄い

こんなところかな。

ネーミングも含め、ネガティブな反応が来ることは十分予測していたはずだ。
「ひどいネーミング」「男は家畜か!」

しかしこれで逆に話題となり、宣伝になった。もちろんそこまで計算していただろうし。


ただ、女性専用となっているがそれを確認する術が(どうやら)ないため「複数の男性が、女性のふりをしてお互いを紹介しあう」という利用方法も可能だろう。

そして何より大きな障害だと思うのは、最終的なアクションが女性に委ねられている、という点。
顔がタイプで年収がよくて、趣味も合う最高の男性がいたとして、その情報を持つのが会ったこともない他人、最悪、女性と偽って、写真もイケメンに偽っている男性の可能性があると考えた場合、一般的な女性が「会いたい」と自らアクションするかな。

これを解決するためには、既に知り合い同士、または例え会ったことがなくても信頼関係が構築できる、濃密なコミュニケーションが可能なつくりにする必要があるだろう。

一般的になるかどうかは分からないが、今までにないタイプの面白いサイトではあると思う。
話題性だけで終わらず、大化けする可能性もなくはないかも。

LINEで送る
Pocket

「「男の子牧場」は意外と面白いかも」への2件のフィードバック

  1. >匿名さん
    思った以上に「炎上」しているみたいですね。ある程度の反応は予想していたでしょうが、ネーミングの変更をアナウンスしなければいけないほどとは思わなかったです。

    個人的には、新しいチャレンジをあまり阻害したくないのですが、問題点があるならぜひ修正して欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。