成功率の高い映画デートの誘い方

via:成功率の高いデートの誘い方
個人的にちょっと不満だったのでダラダラと書く。
あくまで「映画デート」に限定しています。


■単館系の映画に誘う

「チケットが余っているから」というのは確かに重くないかもしれないが、チケットの消費のため?と思われたら損だろう。その後も友だち関係でいいのであれば別だけど。
それに、初めての映画をいちから話し合いで決めるというのは結構面倒。なので最初から「この映画観たいんだよね」という決めうちで。

その時点で「わたし、そうゆうの好きじゃないから…」と言われたら、もう諦めよう。こりゃ100%脈なしだ。

メジャー系の映画はいつどこでも観られるし、最悪DVD化されてからでもいいけど「これ、DVDになるかも分からないんだ」と言えば余計誘いやすいのでは。

他にも単館系の映画に誘うことによって、映画に詳しい(「非・映画オタク」かどうかは、チョイス次第)、おしゃれ(っぽい)という副次的要素も。
最大の欠点は、単館系は当たり外れが多いこと。相手との関係などによって、慎重に選びたい。
できれば、映画バカの助言をもらいたいところ。


■「絶対に」予告編から観ろ

「映画デートはあまり話せない」という人、non non!
確かに上映中は私語禁止だが、予告編の間くらい、ささやく程度に話すことは可能。

この「ささやく」がポイントで、小声な分近くに寄らなければならず、自然と身体的な距離を縮められる。

予告編は大抵面白そうにできているので、「今度はこれ観に行こうよ」とか言っとけばよし。

当日がダメでも、相手が興味を示したものを覚えといて「この間のやつ、公開始まったみたいなんだけど…」と誘ってみるのはごく自然ではなかろうか。

この時点で「ごめん、この間は面白そうって言っちゃったけど、本当は全然興味ないの…」と言われたら、もう諦めよう。こりゃ100%脈なしだ。

「映画デートはあまり話せない」かもしれないけど、初めてのデートで会話が続かないよりはマシではないだろうか。


■観賞後、感想を言わない

映画を見終わえた直後は、当然その感想を言いたい。
でも、あえて言わない。もしくはなるべく控えめにして、相手の意見を聞くだけに留める。

基本的に、ひとつの映画に対する感想など違って当たり前。
楽しい初デートで、映画に対する意見の食い違いで気まずい思いなどしてもしょうがない。
ましてや、付き合ってもいないのだから。

「それでは互いの理解の妨げになる!万死に値する!」という意見もあるかもしれないが、どんなに長く一緒にいても、完璧に意見が合うなんてことはありえない(と思う)。
よほど映画が好きで真剣に議論したい(私のような)人以外は、たかが映画でケンカするのはバカらしいと思う。

この時点で「○○君って、センベイ布団並に薄っぺらい考え方なのね。それに、口も臭いし…」と言われたら、もう諦めよう。こりゃ100%脈なしだ。

あと細かいところだと、上映中トイレに行かないとか、なるべく空いた時間帯を選ぶとかか。


結局「誘い方」でも何でもなくなってしまった…

それにしても、書き終えてみると何だか赤面モノだなぁ。酔っ払った勢いで書いたものの、素面になったら削除しそうだ…

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。