子どもの貧困と子ども手当と生活保護

子どもの貧困率、日本ワースト9位 先進35カ国中で


この記事を見て「何をこんな先進国で」という人は、是非こちらの書を参照して欲しい。
身近でない人には想像もつかないが、今の日本で貧困にあえいでいる子どもは驚くほど多い。

その多くは母子家庭だ。
貧しさゆえに働きに出る母親たちは、世間一般並の生活をするための仕事量と、幼い子どもをきちんと育てる責任という重圧を一人で抱える。
そして少なからぬ母親が、オーバーワークに耐え切れず、体調を崩しさらに貧しくなっていく。

「女性の社会進出」という御旗の元、若き母親たちは「働くことを強い」られてもいる。貧しければとにかく働け、その場は作ってやるから、と。


もう一つの大きな問題は、「働けるのに働かない親の子ども」である。
残念ながら、子どもがいても、五体満足でも、働こうとしない親がいる。または働いたお金をすべて自分のため、多くはギャンブルなど、に使ってしまう親もいる。
そして、実際にはうつ病やある種の精神疾患に罹患しているが自己認識できず、「自分はただの怠け病だ」といって塞ぎこむ人がいる。こういった人達は自分が悪いと思い込んでいるから、生活保護に頼ることもできない。


そしてこの記事を見て「子ども手当はやっぱり必要だ」という人がいるが、これは的外れである。
自身の子どもを貧困にさらしている親にいくら金を与えても、残念ながら無駄なのだ。


お笑い芸人の生活保護問題に対する批判は「家族が儲けているのに……」だった。
これは「家族には扶養義務がある」という前提だろうが、この考え方を子どもにも押し付けるのは大変危険だ。
現実に、食うものも食えずにいる子どもがいても、「親が働かないから」の一言で済まされてしまうからである。

親類が資産家だろうが、親が怠け者だろうが、自分でお金を稼ぐことができない子どもには関係ない。
生活保護や援助は家族単位ではなく、個人単位で行われるべきではないだろうか。


「働かない親のもとに生まれた子が不運であった」とい考え方もあろうが、現代、特にこれだけ少子化が進む我が国において、将来の希望である子どもたちを社会全体で守る施策が必要ではないかと思う。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。