向上心がない人の存在を認めて暮らすべき理由

ユニクロ、「世界同一賃金」導入へ 優秀な人材確保狙う

日本には最低賃金制度があるため、一定以下の給与に下がることはないだろうし、グローバル化を見据えれば納得できる施策である。
そもそも、一企業の賃金形態に難癖をつけることはできないし、それ自体には何も思うところはない。

しかし、いただけないのは以下の発言だ。

「年収100万円も仕方ない」ユニクロ柳井会長に聞く

「年収100万円」は極端な例えだろうが、発言の要旨をまとめてしまえば、

「大したこともしていないのに、先進国に住んでいるというだけで安穏に暮らしている人は、これからどんどん貧しくなるよ」

ということだ。

日本は今後、柳井さんの言うように、ますます貧富の差が広がっていくだろう。
柳井さんはその原因をグローバル化に依拠しようとしている。富が世界規模で平準化されることで、頑張らないと後進国に住む人のようにどんどん貧しくなっていくよ、と。

交通網やインターネットがこれだけ発展した社会では、グローバル化は今までにないスピードで進んでいくだろう。
これは止めようがないし、止める必要もないけど、柳井さんクラスの人が「オレはそれを加速させる。あとは知ったこっちゃない」というのは、なかなかどうして過激すぎる。


個人的にはTPPにも概ね賛成だし、自由競争がないと経済は発展していかないと考えているけども、それはかなり長期的な、いわば自分が死んだ後の何百年も先を見据えたマクロな視点であって、急激にそれをやろうとすると社会に大きなひずみが生まれてしまう。


考えるまでもなく、1億円と100万円に別れたら、圧倒的に後者の数が多くなるはずだ。
一部の金持ちと、大多数の貧困層。

柳井さんは「頑張れば大丈夫だ」と言うが、世の中の大多数の人は向上心がない。これは認めなければならない。
食うに困らない程度に働き、あとは酒を飲んでグウタラしたいという、どうしたって頑張れない人が大多数なのである。

それを認めた上で、先人たちはこの社会を築いてきたのだ。
誰かが富を独占すれば、社会の基盤が崩れて、犯罪も増えるし戦争や内乱も起こる。
そうならないために、権力者や経済界が必死になって民衆を治めて、全員がある程度納得できる程度の富を得られる社会を作って、国が平和に回っていくように努力してきた結果が今の日本であり、一定以上の先進国の姿だろう。

それには、ある程度国の利益もやはり守っていかなければならない。
現代社会はまだまだ「国」がすべての基盤であり、しばらくは続くだろう。このベースが「企業」となる日もいつか来るかもしれないが、少なくとも今後100年で訪れるとは思えない。


そういったことを、柳井さんとほどの人が分かっていないわけがない。
だからこそこの発言は「(給料が安いのは)お前が頑張らないせいだ」という言い訳を伝家の宝刀的に自社社員に使いたいだけなのでは、と穿ってしまうのだ。


優秀な人は国籍を問わず活躍すべき、というのはまぶしすぎるほどの正論だけれども、だから貧富の差はどんどん広がっていい、というのはちょっと急進的すぎる。

日々を安寧に過ごせればそれ以上のことは望まない、しかしそれが崩れた時、大多数を占める一般大衆がどうなるか。
認めたくはないかもしれないけど、それは歴史が証明してきたことだし、いかにそれを抑えるのかが近代国家の常識だろうと思う。

エアロプレスは最終解か? 面倒くさがりのコーヒー好きが出した答え

何があってもどこにいても、365日必ず飲まなくてはいられないほどにはコーヒー好きである。
休日の朝、一人ガリガリと豆を挽くのは、まさに至福の時だ。

そして、最高のコーヒーの淹れ方はハンドドリップだと信じているが、いかんせん時間がかかる。豆を挽くところから始めると、1杯出来上がるのに10~15分は必要だろう。
生来の面倒くさがりある自分にとっては、このトレードオフは非常に重要な問題だ。

朝はやはり時間の余裕がないし、お湯の温度管理に失敗すると、時間がかかり過ぎてコーヒーが冷めてしまう。

これを解決する最適な手段はなんだろう。やはり、コーヒーメーカーで我慢するしかないのか。


そこで、登場したのが「エアロプレス」
これは簡単にいえば、空気圧の力でコーヒーの旨味を出す手法だ。あの小川珈琲が広めたと聞いたことがある。
エアロプレス コーヒーメーカー
エアロプレス コーヒーメーカー

エアロプレスの利点は、何と言っても時間短縮。10分以上かかるハンドドリップが、空気の力を借りる事で数分で完了するならば、これはコーヒー好きには大変な発明である。

以前から気になっていたし、思い切って購入して試してみたところ……


正直、最初はかなり難しい。これはハンドドリップ以上に技術が必要だ。

やり方の順序として、
1:(筒の中に)粉を入れる
2:ゆっくりとお湯を入れる
3:かき混ぜる
4:20~30秒かけて圧縮する

となるのだが、「4」に入るまでにある程度の時間がかかるため、最初の1/4程度はどうしても自然にドリップしてしまう。
それが原因なのか、出来上がったコーヒーは深みが足りない。

「4」の工程時に、圧縮棒をあえて少し戻して、そのまま数分放置するというやり方(その間はドリップは止まる)も試してみたが、結局味にそれほどの変わりはでなかった。
それに、結局時間がかかるのであれば、エアロプレスにする利点がなくなってしまう。


しばらく試行錯誤して挑戦したものの、結局、
 ・時間がある時はハンドドリップ
 ・ない時はコーヒーメーカー

という結果となってしまった。

ハンドドリップ>>>超えられない壁>>>エアロプレス>コーヒーメーカー

といったところだろうか。

ただ、私は濃いコーヒーが好きなので、逆にさっぱりしたものが好きな方にはいいのかもしれない。

しかし、まだ自宅でサイホンを使ったことはないし、フレンチプレスやパーコレーターも試していない。
うまいコーヒーと有限の時間とのトレードオフは、まだこの先も続きそうだ。

何だか中途半端な結果となってしまったが、エアロプレスを試してみようと思った方の参考になれば。
また、賢いエアロプレスの使い方をご存じの方がいれば、ぜひ教えて下さい。

AKB48とファンの関係に見る、新たなプラトニック・ラブと美のイデア

AKB48とファンの関係を揶揄する人は多いが、個人的にはとても高潔だと感じている。
突き詰めていけば行くほど、新世代のプラトニック・ラブ(=プラトン的な愛)を垣間見ずにはいられない。

AKB48には、有名な「恋愛禁止」のきまりがある。これは鉄の掟とも言われ、破ると丸坊主にされたり、解雇されることもあるほどだ。

そしてこれは、大きな矛盾を孕んでいる。
ファンはどんなにAKB48が好きでも、彼女たちと交際や結婚をすることは不可能なのだ。

彼らがお互いに供給しているのは、一方はファンとして金銭や時間を供給するという支援であり、一方はその支援を受け、スターとして日の当たる場所で存在するという状態である。
そこには、男女間の恋愛関係やセックスは介在できない。愛情の究極の形が交際や結婚、セックスではないという、現代の一般的な常識から見て真逆の関係性である。

ただこの関係は、10代や20代の健全な男女にとってはあまり健康的とはいえない。
その頃は大いに恋愛をすべきであるし、時に理解することが難しい、異性の考え方を知る絶好の機会である。そして、将来的なパートナーを見つけるという意味でも、貴重な時間だ。いわゆる性欲の強さだって、おそらく人生のうちで最大のピークである。

仏の道に入っているはずの寺の坊主でも、結婚しセックスをして、税金を納めずにベンツを乗り回すこのご時世、性的交友を完全に排除して生きていくのは、不可能であると言い切れよう。


では彼らはどうすべきなのか。
そこで登場するのが、プラトンである。

有名な「プラトニック・ラブ」。
これは一般的には、結婚するまで婚前交渉をしないという意味に捉えられているが、実際には「精神的な愛」の究極を説いたものである。
「外見に惹かれる愛よりも精神に惹かれる愛の方が優れている」ということが真の意味であり、更に優れているのは、「誰か一人を愛することではなく、愛するということ自体に価値を見出すこと」だと説き、それこそは「美のイデア」であると説いた。

そんなプラトン自身は、(当時としては珍しくないが)ガチのペドフィリア(小児性愛者、しかも男児)である。一部では、この「美のイデア」論は、彼の嗜好を正当化するための言い訳ではないかと批判されることもある。


それに比べて、AKB48ファンはどうだ。
彼らは愛することに価値を見出すどころか、あらゆる資産を擲ってまで相手を愛することができる。
自分たちの財産を費やし、肉体的な快楽を求めることを拒否し、ただただ頑なに推しメンを支援するその姿こそは、ある意味で、プラトンの理想を超えた、自己犠牲をも内包される、誠に称賛すべき愛を具現化しているといえるのではないだろうか。

だからこそ、彼女たちが掟を破ることは理想に対する「裏切り」であり、行き過ぎた愛情が行き場を失った際に多々発露する、恨みという感情に変化するのだろう。

その痛みはとてもわかる。しかし前述のように、現代社会においては、セックスを抜きにして生きていくことは不可能なのである。

きっとそこには恋愛やセックスなど存在しない。たとえAKB48が、AK-47よろしく、激しいピストン運動をしていたとしても、それはあくまで「イデアが創りだした虚像」であり、真の意味では存在しないのだという境地に達した者のみが、本当のファンといえるのではなかろうか。


まぁ、イデアって言いたかっただけなんだけど。