「ランチ行きましょう」と誰も言い出さない問題について


時刻は午後1時。わりとお腹も空いてきた。そろそろお昼に行きたいが、「ランチ行きませんか?」と言い出しにくい雰囲気。

このままではダラダラと時間が流れ、余計に腹は減るし、中途半端に遅くなるし、お気に入りのあの店も閉まっちゃうしでいいことなんかひとつもない。それは分かっているはずなのに、誰も「ランチ行きませんか」と言い出さない。

このシチュエーション、特に昼休みの時間が決まっていないホワイトワーカーの方なら、意外と経験があるのではなかろうか。

一方で、「そんなこと感じたことがない」という人もいるだろう。それはそれで大いに結構。世の中には、「ランチ行きませんか」と気軽に言える人と、そうでない人がいるのである。


前者の思考回路は簡単だ。
自分はお腹が空いた。時刻も1時だ。 > みんなも同じはずだ。 > 「ランチ行きませんか」

である。一方後者はどうだろう。
自分はお腹が空いた。時刻も1時だ。 > しかしみんなも同じとは限らない。朝ごはんが遅かった人もいるだろうし、今日は食欲がないという人もいるかもしれない。もしくは一人でお昼食べたい派かもしれない。または、私となんか一緒に行きたくないかもしれない。 > とはいえ一人で出て行くのも感じが悪い。 > 何も言わずにじっと耐える。


前者は楽天的で、後者は明らかに考え過ぎだ。

大抵の場合、複数の人間が集まると役割が自然に形成されていく。誘う側と誘われる側に分かれるのだ。

しかしごく稀に、後者の素養を持った人だけが集まってしまうことがある。これは地獄である。お腹が空いているのに、誰もご飯を食べたがらないのだから。

「ランチ行きませんか」が難しいのは、「あらかじめ約束していない」のが大きいだろう。すでに予約も済ませている夜の飲み会に行くのとはわけが違うのである。


ただ、別の側面もある。それは「断られる」経験に対する耐性の問題だ。

気にしない人の思考は、「一度のランチを断られた=一度のランチを断られた」という非常に単純な等式だ。「今日一回のランチを、何かしらの理由で断られた」にすぎないのである。しかし、気にしぃの思考は違う。彼らは「一度のランチを断られた=私と一緒の行動を望んでいない。もう二度と誘うべきではない」となりがちである。

世の中には色んなタイプのリーダーがいるが、この「誘う側」に多いのは確かだろう。人を先導し、他人を巻き込み、誰かを待つことはせずに突っ走る。スティーブ・ジョブズや孫さんが、誰かにお昼を誘われるのを待っているとは思えない。

お昼の話から思わぬリーダー論になってしまい結論もないものの、リーダーを望む人は、まず誰かをランチに誘ってみるところから始めてはいかがだろうか。

LINEで送る
Pocket