ZOZOTOWNは、最も突かれたくないところを突かれて怒ってしまった

ZOZOTOWNの前澤さんの発言が問題になっている。
それに対して「宅配業者の人はブラックなのに頑張ってる!」という考察も出た。

さらにはあの家入さんが「お客様は神様じゃない!」と斜め上から突如現れ、何とも味わい深い事態に発展してしまっている。


しかし個人的に、これらは全部的外れだと考える。
なぜならZOZOTOWNはその昔、送料無料を謳い文句にしたことがあるからだ。

前澤さんは「詐欺」という言葉に引っかかったわけでも、宅配業者への感謝のなさに怒ったわけでもない。
Amazonは無料なのに、自分のところはそれができないことを突かれて逆上しただけだ。


Amazonが送料無料なのは、別に宅配会社が奴隷のごとく奉仕しているからではない。
確かに大口顧客として一定の優遇は得ているだろうが、Amazonは自分たちの利益の中から送料分を宅配業者に支払っている。

例えば、Amazonへの注文が毎回100円ばかりだったら、それ以上の送料を宅配業者に支払うことでAmazonは赤字になるだろうが、Amazonのエライ人は「そんなことはありえないし、むしろ「送料無料」にすればもっと注文されるよね」と判断して(成功して)いる。

言い換えれば、Amazonは送料なしでも儲けられるが、ZOZOTOWNにはそれが(昔ちょっとやってみたけど今は)できないというだけのことだ。


なので、この「届けてくれる人がいるのを考えろ!」発言は、おそらくご本人があえて論点をずらしただけで、本当は「Amazonは無料だよ→うるせぇこのやろう!」が真相だろう。
個人的には、あの巨大なAmazonに真っ向から太刀打ちするのは難しいのは分かるから、ここで素直に「うちはまだできないっす。でも応援してね」とか言えたら良かったのになぁと思う。

洋服を購入するお金は本人が働いて得たお金から出ていて、宅配業者もお金をもらって配達して、ZOZOTOWNもその中間マージンをもらう。
別に誰もラクしてないし、汗水たらしてなくもない。みんな経済の原則に従ったまでの話だ。


そういう意味で、個人的にこの発言は、小売業の社長としても、自社が他社に劣るの(ではというコンプレックス)を知らしめてしまったという意味でも、最悪だったと思う。

Yahoo!チャイナモールがカオスすぎる件

Yahoo! JAPANが、アジア最大のECサイト「淘宝(タオバオ)」と提携すると発表されたのは、先月中旬頃。
そして今日「
Yahoo!チャイナモール」というサイトがリリースされた。
これは、タオバオが扱っている主に中国国内の製品を、日本にいながらにして買えるというものだが、これが何ともカオスだったので、ちょっとまとめてみた。


王冠純正品は保一の年の徳の浩力勝のDHL 7-805の霹靂軍事用の車両ゲーム段階光学マウスを質入れする


質入れって……
買った途端に売らないように。



【SKは流行でありいかしてている】家用はのろまな宝を砕く


砕くな砕くな。宝を砕くんじゃない。



特の馮氏早期教育の法/早期教育の革の 命の8のVCDの原の汁の持ち味


「原の汁の持ち味」
なんか嫌だよ。。「汁の持ち味」ってなんだよ……



超人毛球取器のSRは2856の新型上場工場の価の特は全国保守の擬1を売って10を賠償して


1売ったら10賠償してんの?
それで経営成り立つの?



IKEAの味付けの瓶の*の調味料の瓶の*は物の瓶を蓄える


肝心なところ「*」ばっかりだから、分かんないよ。言っちゃいけない言葉なのかよ。



おそらく中国語を無理やり自動翻訳してるのが理由なのだろうが、この状態でリリースしたところが、勢いがあるというか、ソフトバンクらしい感じがする。

ただ一番大事なのはこのサイトで買い物をしたいと思うかどうかだと思うんだけど……


あと問題になりそうなのは、偽物も売っちゃってるところだろう。


こちら、よく見ると「SQNY」での検索。
PSPならぬ、PMPやらP$Pなんてのが並んでいる。


これは何か対策しないと、国内企業からクレーム来そうだけど……

とりあえず、今後に注目です。