「人見知り」は失礼であり、欠陥ですらあるという意識を持つこと

社会に存在する上で、他人とのコミュニケーションは避けることができない。今までもこれからも、数多くの人々と関わっていくだろう。

そして、いわゆる「人見知り」という言葉がある。シャイ、恥ずかしがり屋など言い方はいろいろあるにせよ、今回は初対面の人と会話するのが苦手な人と定義しよう。

たしかに性格は人それぞれであり、違いを認めあうことが相互理解の第一歩であるが、初対面の人とのコミュニケーションを疎かにすることを「人見知り」という、性格の一種として表現すべきではないと私は考える。

人見知りは、「あの人は人見知りだから仕方ない」程度で済ませられる問題ではなく、場合によっては相手にとって失礼であることを、大人であれば認識して行動すべきだろう(子どもは別)。


たとえば、相手の目を見て話せない、という状態。大人同士の会話において、これが「かわいい」なんて思われることはまずない。仕事だろうがプライベートだろうが、どんな状況であれ「失礼」以外の何物でもないのだ。

本人は「恥ずかしくて目が見られない」のかもしれないが、相手は自分が蔑ろにされていると感じる。その人にとって、自分は価値のない人間なのではないかと重い、自尊心を失うことになるのだ。相手の目を見ないだけで、それだけ相手をそこなっていることを意識するべきである。

また、初対面の人同士が初めて口をきくことを「アイスブレイク」と呼んだりするが、人見知りの人はこれが苦手である(だから人見知りなんだが)。しかしながら、最初はシャイでまったく口をきこうとしなかった人が、ブレイク後、急に饒舌になることがある。この時「この人はシャイだけど自分には心を開いてくれた」と喜ぶのは、よほど相手に興味を持っている(相手の方がはるかに格が上、または異性として惹かれているなど)場合以外にはない。

他人に話しかけるという行為は、人見知りの人にかぎらず、多くの人にとって簡単なことではない。相手は迷惑かもしれないし、無視されて傷つきたくないが、努力をして話しかけているのである。

話しかけられるまで黙りこみ、打ち解けてきたら怒涛のように喋りまくるのは、コミュニケーションコストを相手に委ねているだけである。相手に支払わせるだけ支払わせておいて、自分はいかなる損失も被らずに、コミュニケーションという快楽を得ようとしているだけだ。

「自分は他人と関わりたくないから、山の奥で一人厭世的な生活を送っている」という人は別だ。一人で生きていけないのであれば、たとえ本望でなくても、面倒でも、他人が不快にならない程度のコミュニケーションスキルを身につけることは義務であり、必須であるというくらいの認識を持つべきだろう。

別に心を開かなくても、仲良くならなくてもよい。ただ、会話すらできないのはまずい。

「職場にイケメンが必要」は「女は顔」と同義

Yahoo!にステマ業者認定されたことでお馴染みのマイナビニュースが、今度は炎上商法に打って出ようというのか、また香ばしい記事を掲載していた。
「職場にイケメンが必要」と回答した女性会社員は83.7%


中身は取るに足らないことながら、ネット上の反応はほぼ一様で「逆差別」「男女逆だったらとんでもないことになってる」というものである。

たしかに、男女逆だったらとんでもないことになるだろう。しかし今のところ、そうはなっていない。おそらく多くの女性が面白おかしくこの話題を口にし、多くの男性がこれを自虐ネタとして女性と会話しているはずだ。

こういう話題が出る度に思うのは、男性の見た目の美醜は、酒の肴としてそこそこ楽しめるネタであるけども、女性のそれは決して触れてはならないものであるという裏返しの事実だ。「職場にはカワイイ子が必要」という記事を社内メールで「FYI」とかつけて送ったら、その男性社員は確実に村八分にされる。アメリカなら解雇されるだろう。

そして興味深いのは、すべての女性はそれ、すなわち「女性の見た目の美醜は、男性より重要な問題である」と、確実に認識している点である。この記事を面白おかしく語る女性は、男だから笑えるのであって私たちには言うなよ、と暗喩しているのだ(もちろん、相手が傷つくとか、自分が言われたら嫌だといった理由で決して口にしない人も多い)。

今後、性意識が進んでこういった話題は公には語られなくなるだろうが、少なくとも現時点での日本では、それがマジョリティだろう。

一人暮らしは大事だけど、長すぎるとダメ人間になる説

マツコ・デラックスさんが、女性も一人暮らしをしないといけないと言っていたらしい。
http://news.livedoor.com/article/detail/7683054/

一人暮らしの平均年数というものは分からないが、私のそれは相応に短くない期間に及んでおり、かつ現在進行形である。

人類の長い歴史を鑑みるに、個人が一人でも快適に暮らせるよう住宅や社会が適応され、それが社会的にも認められるようになり、あまつさえ件のマツコ・デラックスさんの発言のようにある程度のステータスさえ持つようになったのは、世界的に見てもここ数十年のことだろう。

経済的にもインフラ的にも、「一人で暮らす」ということが困難だった時代に比べれば、その変化は正当であるし、好ましいとも思うが、しかし最近個人的には、一人暮らしは長すぎると良くないと考えるようになった。


結論から言ってしまうと、それは一人暮らしというものが実に快適すぎるからである。

一人暮らしを始めると、今までの日常の細かなことが実はストレスになっていたことに気づく。
たとえば風呂やトイレに入りたくても誰かが使っているとか、いつも誰かが散らかすとか、自分が買ってきたはずのプリンがなくなってるとか、そういったことはすごく小さいけども、実はちょっとしたストレスの原因になっていたのだ。

一人で暮らしていると、当然のごとくそれらすべては起こりえない。
トイレには誰も入っていないし、自分が買ってきたもの以外は冷蔵庫に入っていない。何をしても、いつ帰ってきても、完全なる自由である。この自由は明らかに素晴らしく、私も一人暮らしを始めた当初は楽しくて仕方がなかった。

そして一人暮らしの部屋は、自然と最適化されていく。モノの配置、買い物のサイクル、衛生状態、その他諸々が、自分が最も心地よい状態に向かっていくのだ。

一人暮らしが長い人間は、これが侵されることを非常に嫌う傾向がある(私も含めて)。たとえ傍目にはそうは見えない乱雑な部屋だとしても、日々暮らしていくうちに最適化された空間は、心が休まるものだ。

経済的に自立し、いわゆる家事炊事などの身の回りのことも一通りでき、社会的にはステータスとも認識される一人暮らしだが、しかし寛容さの醸成という意味では、必ずしも是であるとは言えない。そして、それが長くなればなるほど、その性質は凝り固まってしまうように思う。

やはり人間は誰か他人と暮らさないと、少なくとも忍耐強さは失われるように思う。

「不便」を我慢できるようにならないと日本は変わらない

選挙は予想通り自公の大勝に終わったわけだが、これで消費税10%は確実となり、高齢者の医療費や社会保障費を国民全員で負担していく構図が、今後数年レベルでは確定的になったと言える。

現在の日本の経済状態にとって最も良い政策が消費増税なのかは論が別れるところだが、どこかからお金を捻出しないとどうにも立ち行かなくなることは間違いない。このままだと、高齢者の医療費を払えなくなって病気が治せない人が出てくるし、道路がぼろぼろになって通れなくなっても、直すお金がなくなってしまう。

しかし、多分それを我慢できるようにならないと、日本は変わらないんじゃないかと思う。

先日、ドイツが単年で国の借金をゼロにしたという驚異的なニュースがあった。現在社会において、Debtをゼロにして国を運営するなんてことが、ドイツクラスの国家でできるとはとてつもない。
しかし、いいことばかりではない。ドイツ国内では、道路の舗装がされていなかったり、渡っては危険な橋などもそのまま放置されているらしい。

日本でこれは難しいだろう。どこかの公共施設に不備があり、例えば公園の遊具が壊れて子供が怪我をしたとなれば、マスコミ、地域、そして民意はすぐさま怒りの声を上げるだろう。政府は何をしてるんだと。
もし「日本にはそんな余裕がない。お金がないので直せないんです」と返されたら、それを飲み込める人は多くない。

しかし、やがてそうなることはもう間違いない。日本国内はこれからどんどん現金がなくなっていく。今回の選挙で、国民は再び収入よりも支出の多い生活を選択したのだから。


産業を発展させる、外貨を稼ぐなど、日本を立て直すための方法はいろいろあるだろう。正解はわからないけども。
しかし今最も大事なことは、国民全体が「もう日本にはお金がない」ということを認識し、多少の不便があっても我慢できるようになることではないかと思う。

日本人は、あと50年位は同じ程度の生活レベルを維持できるかもしれない。しかし、徐々に日本人がアジアに出稼ぎに出始めるようになる。今と逆だ。
日本の物価はおそらくもう当分上がらない。その間に、諸外国がどんどん追いつき、すぐに同じ程度になるだろう。

そういった未来は今はなかなか信じがたいけど、間違いなく来る。そして大方の人はこう思うんだろう。「まぁ仕方ないか」と。

巨万の富を築ける4つの職業

「お金が欲しい、できればたくさん、あればあるだけ欲しい!」というのは、人として当然の欲望だろう。
しかし、「巨万の富」を得られる職業は、世の中にそれほど多くない気がする。

ここでいう「巨万」とは、数百~数千億、及び兆円の単位であり、例えば、医者、パイロット、歌手や俳優などは残念ながら含まれない。


1:事業家

経済的成功者の代表。
社会に新しい価値を提供することでその見返りを受ける、一般労働者の頂点に立つ人々。

ビル・ゲイツ:8兆円
コーク兄弟:8兆円(合算)
孫正義:2兆円



2:投資家

自己の資産を、主に「1」の事業家に託し、その価値を高めるプロ。資本主義社会の頂点に立つ存在であり、おそらくすべての職業の中で「誰かに頭を下げる」ことが最も少ない。

ウォーレン・バフェット:3兆円
ジョージ・ソロス:2兆円



3:プロスポーツ選手

誰もが一度は憧れるためライバルも多く、おそらく最も就くことが難しい職業。
ほとんどの選手が所属チームや団体に雇われる「雇用者」であり、そこから出るのはあくまで「給与」だが、彼らの莫大な収入は企業とのスポンサー契約によるものである。

ミハエル・シューマッハ:1,000億円
タイガー・ウッズ:800億円
ロジャー・フェデラー:700億円



4:ファッションデザイナー

最も意外なのがこの職業ではなかろうか。
しかし「ファッション」は、確かに世界共通の「インフラ」であり、商圏は無限に広がっている。
多くのブランドは人名が冠されるため、人物の知名度という意味では、他のどんな職業よりも高い。

ミウッチャ・プラダ:1.5兆円
ジョルジオ・アルマーニ:8,000億円
ラルフローレン:6,500億円


ただ、それらのブランドを扱う事業家の方が上に来ることが多いのは事実。

アマンシオ・オルテガ(ZARA):5兆円
ベルナール・アルノー(LVMH):3兆円
ステファン・パーション(H&M):2.6兆円
柳井正:2兆円



他に何かあるかなぁ、と考えていたら「マフィア(暴力団)」というのがあった。
こちらも相当儲けてはいるだろうな。。。