民族問題に接する際、自分が考えること

昨日のエントリに多くのコメントをいただき、その多くが大変有用なものだったので、コメントへの返信ではなく再度エントリにしてその代替とさせていただきます。


皆さん、多くのご意見をいただきありがとうございました。
色々な立場の方から多面的なご意見をいただき、自分ひとりでは持ちきれない物の見方を学べました。ありがとうございます。

私が前エントリで主題としたかったのは、どんなに相手に罵倒されたとしても、それにいつも罵倒で返していたら結局自分も同じレベルということになるし、いつまでたっても終わらないのでは、ということでした。
例えば相手が何か自分たちにとって不利益なことを発言や行為をしたとして「○○はバカだから」となると、向こうも負けじと「何だこの野郎」となるともう何か意味がないんじゃないかなと。

と言いつつmocchiさんがおっしゃるように、私自身が他者を非難するような論調で書いており、それは本当に周りが見えていないというか、大変反省しております。


韓国や中国の、マスコミ以外の一般の人でも「反日」が多いというのは間違いないですが、例えばその原因が学校教育で「反日」を叩き込んでることだったり、扇動的なマスコミだったとしたら、やはりそんな「日本の情報を故意に歪曲した」教育なり報道を施している側に問題があるはずで、(大げさに言えば)戦時中の日本で「天皇バンザイ」と教えられてきた人たちを責められないのと同じように、その教育する側なり、報道する側に問題を見つけるべきかな、と思います。
日本が中国に対して多額のODA援助しているのを、中国の一般人がほとんど知らないっていうのも、政府が意図的に教えないからですよね。

もし自分が正しいのに向こうが矢のように罵倒してくるのなら、じゃあ何なんだ、何が原因でこんなこと言われなきゃならないんだ、と考えたり相手に伝える方が結果的にお互いにとって良いんじゃないかと思うんですよね。

それに、rennon_09さんがご指摘くださったように、そこには政治勢力が大きく絡んで、自分たちの利益のために大衆を少なからず扇動している部分があるはずなんで、そこにまんまと乗せられるのもかっこ悪いかなと。

その上で「××人はこれだから…」とか「民族問題は根が深くて解決しないよね」で終わってしまうのは、思考の停止かなと思うんですよね。


暴力団に朝鮮系が多いことも、パチンコ屋が利得をむさぼっていることも、私もものすごく嫌だけれど、「これだから朝鮮系は嫌いだ。日本から出て行け!」と言っても出て行かないし、じゃあ何でそうなってしまったのか、今が嫌ならどうすればいいのか、まだ私には解が見つからないけど、それを考えて行動していくことしか解決にならないんじゃないのかな、と思っています。それが「パチンコには絶対行かない」とかそういうことだったとしても。


日韓や日中、それに世界中には数え切れないほどの民族紛争があって、それがすべて解決するものでもないとは思います。何百年、何千年とできなかったわけですし。根本的に、絶対に合わない人って(結構たくさん)いますからね。
個人的な意見ですが、やはりどうしても価値観が異なって付き合えない人というのはいると思います。例えが極端ですが、訳の分からない猟奇的殺人を犯すような人と普通に仲良くはなれないでしょう。しかしひとつの国なり民族を括って「全部そういう人間だ」ってことはないと思うんですよね。
そういう人が憎しみをもってぶつかってきたら、マザーテレサのように全部包み込むのはそりゃ無理だけど、とりあえずスルーするとか。

ネットでいろんなことが便利になって、それを人を罵倒したり憎しみを増幅させるために使うっていうのも寂しいんじゃないかと。


それと、ここからは個人的な願望ですが、お互いを「個人」として理解するには、インターネットというのはとても有用だし、国籍とか関係なくこれだけ簡単に話ができるようになったのだから、もしかしたら、少しずつでも前に進めるのかもしれないという希望は持ちたいですね。


結局言ってることは「憎しみは負の連鎖にしかならない」っていう、ただの理想論なんですが。


皆さんのご意見は非常に参考になりました。最後にもう一度御礼を申し上げます。

LINEで送る
Pocket

「民族問題に接する際、自分が考えること」への10件のフィードバック

  1. はじめまして。
    最近のWBCに関する韓国内での報道が過熱してるみたいなので、在日の人はどんな反応なのかなぁと思い検索したら、ここのブログがヒットしたのでお邪魔しました。
    ここに書くのはどうかな。。とも思ったのですが、コメントさせてもらいました。

    韓国の方がすべて、報道されているような考えの人ばかりだとは思ってはいませんでしたが、前の日記でちゃんとお互いに敬意を示せる関係を築けることが確認でき安心しています。
    なんというか、本当はそれが当たり前だと思うのですが(笑)

    人との付き合いの中で、この人とのこの言動に腹立つ!ってことは多々あるんですよね。
    でも、その人のいいところがあるなら、それはおかしいからもっと考えたほうがいいよって言って関係を保つのが良い付き合い方だと思うんです。(個人的に)
    国同士でも同じではないでしょうか。
    付き合いを切ることができる相手であれば、スルーでもいいですけど。

    今回、韓国選手がマウンドに旗を立てたことや、人を卑下した事に関しては、はっきりいっておかしいことです。
    日本人や他国の人が怒ってもしょうがないと思います。
    でも、ネットなどで加熱する前に、主催者側や当事者が直接抗議をすべきだったとも思います。
    それか、韓国人が国内で批判するとか…
    相手がそれを、厳粛に受け止められなければ、国民性といわれてもしょうがないかなと…
    mocchiさんが言われた通り、日本ではネットの住人を中心に(?)日本人であれ叩きますからね。
    個人の発言の場としてはネットはやっぱり重要なのではないかと思います。
    マナーは考え物ですが。

    話が前後しますが、、、
    歴史的、政治的な背景はたくさんありますが、国同士が自分が悪いところは認め、相手のいいところ、悪いところも知り、必要があれば指摘するという関係を築けたら、まだマシになるのかな…?と思います。

    駄文申し訳ありません。
    長々と失礼しました。

  2. はじめて書き込みます。よろしく。

    ブログ主はフェアな方ですね。その点は良く伝わります。
    デモやはり僕は韓国の反応には納得できません。

    まずブログ主さんは韓国の一部の反応を取り出して・・・といわれますが、日本を罵倒するような記事は朝鮮日報や中央日報、そしてヤフー韓国にアップされたものです。日本で言えば読売、朝日、産経新聞クラスの新聞社です。したがって一部ではなく、やはり韓国国民の”総意”といわれても仕方のない話ではないでしょうか。オリンピックで韓国は見事に金メダルを取りましたが、それについて韓国の新聞のような論調の記事を日本の新聞社が配信したら日本人は大きく批判するのではないでしょうか。

    次に日本人は面と向かって人を批判したりすることに躊躇があります。したがいましてその表の顔の反動としてネットという本音が書ける言論空間が過激になりやすいということであって、表ではそういう発言はしないのに、ネットでは・・・云々というブログ主の批判はフェアではないと思います。僕はもう少し表の場でしっかり日本人としての意思と意見を発言すべきだと思います。そうすることでネットでの偏りも収まってくるのではないかと思います。

    いずれにしても日本人はフェアな国民だと思います。常に自省をわすれない良識があると思います。しかし残念ながらそれは国際社会で漬け込まれやすい側面を持っているのも事実だと思います。譲れないところは譲れないと主張するのはまったく正当なものだとおもいますよ。相手のいうことを”へらへら顔”で聞くのは美徳でもなんでもなく自尊心のない恥ずかしいことだと思いますよ。

  3. はじめまして

    私もブログ主は偏った見識の方ではないと感じています。

    ただ、やはり大手新聞社が明らかにジャーナリズムの最低限のモラルを欠いており、またその事が捏造や行き過ぎた脚色が露見していてもさして問題視されていない国であるという事は確かです。国際的にも韓国のジャーナリズムは偏向報道がひどいと評価されています。中国からさえも。

    自国に都合の良い情報であれば真偽はどうであれ熱狂的に支持をし、著しく客観性を欠く。これでは、日本のみならず国際的にも評価があがるわけがありません。

    私がカナダに留学 在住していた頃、現地のいくつかの学校機関への韓国人留学生を受け入れているホストファミリーの多くが、共通の問題・悩みを抱え、対策集会を開いていました。特定の国からの留学生に対してのそういった集会は、前例がなかったので、ちょっとした話題になりました。

    共通していたのは、「マナーや困った点を注意すると、何でも「韓国ではこうだ!これで普通だ!」で押し通そうとする」「こちらの迷惑などを考慮せず、大勢の同郷の者があたりまえのように出入りする」「集まって大騒して怖い」「我が強すぎる」などなど、です。

    私も当時韓国人の友人がいましたが、彼女はそんな中で数少ないホストとの関係が良好だったひとで、同郷の人たちと仲が悪いわけではなかったけど、群れてもいませんでした。

    彼女は「何で、外国に勉強しにきて何も学ぼうとしないんだろう?ここは韓国じゃないのに…。嫌われるだけなのに…」といつも悲しそうにこぼしていました。私はいくつかの土地で韓国人留学生に知り合いましたが、残念なことにこういった冷静な人たちはごく僅かで悩みを抱えており、本当に気の毒でした。


    偏向教育による弊害はある種気の毒だとは思いますが、全てをそのせいにはできないと思います。

    多くの情報・文化に触れる機会があっても、フェアに吸収し自己啓発するということがかなり苦手な人たちが多い事は否めないでしょう。

    また、日本で良い扱いを受けても、自国に戻ったら、ブログなどで日本を悪く言う、などの行為が多いユンソナやBoAなどのプライドの無さにも引いちゃいます。ハリソン・フォードも
    同様です。使う日本のマスコミも馬鹿ですが…。

    普段はさほど感じなくても、問題が発生した場合の対応に甘やかされた子供のような、自己批判の薄さと狂的なナルシズムが見え隠れします。

    国際的に見ても、決して韓国のモラルに対する評価は決して高くありません。(自国内では韓国のマナーは世界一!と言っていますが←中央日報・朝鮮日報 参照)

    正直、個人はともかくとして、彼らが色んな意味で大人になってくれないと、好意的な見方はできません。

  4. コメントいただきありがとうございます。

    >通りすがりですさん
    とんでもありません。ご意見くださり、誠にありがとうございます。

    おっしゃるとおり、人と人との付き合いのように、国や民族同士も付き合っていければいいのにな、と思うときはあります。話したこともないのに、雰囲気だけで「何か癪に障るな」と思う相手でも、いざ話してみると「なんだ、結構いい奴なんじゃん」ってことはよくありますよね。

    人は集団になると考え方が変わることがあるし、血液型占いじゃないですが、集団にパターン付けをする傾向がどうしてもありますからね。

    本当に難しい問題だと思います。

    >konchihaさん
    おっしゃるとおり、特に韓国のメディアは世界中から笑われるほど変更報道が目に付きますね。

    ご指摘のように、日本人は気遣うあまりに主張が下手だと言われますから、自国やその尊厳を守るためには、どんどん主張して欲しいですよね。

    そのためにも、憎しみを持ってくる相手に対して「”へらへら顔”で聞く」のではなく、「お、どうした。言いたいことがあったら言ってみろ」みたいな、近所の気のいい兄ちゃんみたいに聞けるといいな、と思うんですけどね。

    >ションボリさん
    ご自身のご経験からのコメント、大変参考になります。

    私の友人の韓国人たちも、やはり明らかに日本人とは異なり、何というかやはり気性が荒いですよね(笑)不遜な態度が目につくこともありますし。

    ただ彼らから言わせると、日本人はおとなしすぎるとか、何を考えているのか分からない、ということになるらしいです。それの何が悪いのか、と思うんですが、向こうからするとやりにくいと。
    それから、結局どっちもどっちなのかなぁ、と思いはじめるようになりました。韓国人や中国人にかかわらず、欧米やその他の方でも少なからずそういった、文化の違いによる考え方の決定的な相違がどうしてもありますよね。

    そういった「違い」を認めた上で、個人対個人と同じように、うまく距離をとっていくというやり方が必要なのかもしれません。

    ただ、やはりひどくrudeな人がいることも事実なので、もう少し何とかして欲しいなぁ。。と私も思います。


    みなさんのご意見、大変参考になります。もしブログをお持ちだったらぜひ教えてください!お持ちでなければ、ぜひ書いて欲しいと思うくらい、非常に理路整然としたご意見だと思います。

  5. 初めまして。
    ここのブログの方々は本当に知識の豊富な方やフェアな考えを持つ方が多いですね。とても素晴らしく勉強させてもらっております。

    ぼくはまだまだ知識が浅く、韓国人の知り合いがいるわけでもないのですが簡単に意見を書きたいと思います。


    既に多くの方々が指摘されているように韓国にはいわゆる日本嫌い=「嫌日」という感情が深く根づいているように思えます。

    wbcの決勝で韓国と日本が素晴らしい試合をしてくれてとても満足した気持ちで次の日にwbc関連の記事を検索していると出てくる「ダーティーサムライ」や「イチローは高慢」などの韓国の偏向報道。
    見ているととてもやりきれない気持ちになり、悲しくなってきます。


    もちろんこれが韓国の総意などとは思ってはいませんが、こんな記事が普通に韓国ではまかり通っているのはやはり大衆的にそんなに批判される内容ではないからではないでしょうか?


    ただ、ジャーナリストの方々も全員が全員こんな記事を平気で書いているとも思えません。
    こんな記事は書きたくないと思っていても上司に逆らえずに仕方なく書いていたり、親日的に映るような記事は書けない雰囲気があるからだと思います。(ただの憶測にすぎませんが)


    こういう問題は日本にも言えることだと思いますので両国とも目を逸らさずに解決していって欲しいです。少しづつでもいいので。



    何か全然まとまらない文章ですいません。(汗

  6. こんにちは
    二度目のお邪魔です。

    ブログ主さま

    丁寧なお返事ありがとうございます。

    そうですね。うまく距離を取っていく…が、とりあえずのベターな方法なのかもしれないですね。私も基本的にはそうでありたいです。

    ただ そうしたくてもなかなか儘ならないですね。今回のWBCやキム選手の妨害発言などの一方的報道と関連騒動などを見ていると、実はそれが一番難しいのかも…とも思います。

    簡単にいえば、手段も場も選ばず絡んできて大騒ぎしているようにしか思えないからです。メディアも選手も多くの国民も…。特に国際スポーツの場で、一流のアスリート達には、本当に本当にそれはやって欲しくなかったです。厳しい事をいうようですが、国の代表として表に立つ以上、最低限の品格は必須だと思うからです。

    どんなに努力して技術を磨いて、どんなに良い成績を出しても、どんなに素晴らしい演技をしても、(ライバル意識があろうと)相手を陥れるような言動を繰り返していては、全てを台無しにしてしまいます。その選手と同じように鍛錬しその場に立つ他国の選手たちへの敬意を欠く行動は、その競技を貶め、国籍に関係なくその競技を応援したり、楽しみにしてきた人々の気持ちを汚すことです。また若さやプレッシャーも、こういった行動や失言で、同年代を含む他選手に被害や悪影響を及ぼす免罪符にはならないと思います。

    特にキムヨナ選手の一件では、韓国の連盟が「妨害を感じたのは事実だが、日本の選手とは言っていない。一種のハプニングと思われる」などと言っていますが、問題はキム選手が特定の国名を挙げたかどうかではなく、正式にICUや日本スケート連盟への抗議や(事実の真偽の)正当な検証もなく他の選手の名誉に関わるようなことを自国のメディアの前で、ペロッと発言してしまった事でしょう。しかも、自分が「他の選手の曲がけ中にはリンクには遠慮をする」というマナーを守らず、度々逆走などで他選手の邪魔になっていたことは全く棚上げして、一方的に…。←無自覚でしょうか?トップアスリートのやる事ではありません。火種を落とした事への謝罪はするべきでしょう。

    あの時リンクにいた選手はみんな侮辱されたままです。


    私は今まで日本の選手たちと同様にキムヨナ選手も好きでしたし、応援もしていましたので、信じたくありませんが、情報確認後、かなりショックでした。こういうのだげはやってほしくなかったです。もう彼女の演技は見れません。

    また、韓国の連盟はキム選手への教育・監督を怠り、(もし本当に彼女が「日本」と言っていないのなら)明らかに作為的な報道をした報道機関に対し何の抗議もしていないことへの責任は問われるべきでしょう。

    因みに色んな大会の練習の悪質な合成画像を論証に使用した時点で、SBSの罪は重く、日本なら訴えられるか、バレた時点で社長辞任レベルじゃないでしょうか?

    suou onさんが言われていたように、上記などの騒動を煽動するような偏向した記事の記者さんの中にも、本意ではなく書いておられる方もいらっしゃるでしょう。教養の高い方が多いのでしょうから、必ずしも盲目的ではないでしょう。

    しかしそうであっても、記事として出す以上は、その内容によって彼ら自身に大きな責任があると思います。影響は確かにあるのですから。

    厳しい見方かもしれませんが、私も海外に出ていた間
    ショボイ一般人で愛国心に富んでいるとは言えませんが、自分の行動によって「日本人は…」と思われることだけは避けようと心掛けていました。
    私はたーくさんいる日本人の一人にしか過ぎませんが、私に出会った他国の人にとっては、私は彼らが「日本」という国に触れる窓のひとつではあるでしょうから。

    もっと多くの人の窓になりえる人々には、もっとその事、その責任について考えて欲しいと思います。

    長々と書いてすみませんでした。

  7. すみません 先ほどのだら長いコメント内の訂正です。

    たくさん変な箇所・誤字がありますが、意味が変わりそうな所だけ挙げておきます。

    「特にキムヨナ選手の…」で始まる段落内の(誤)「正式にICUや日本スケート連盟への抗議や…」は(正)「正式なICUや日本スケート連盟への…」

    終わりの方の文頭の「厳しい見方かも知れませんが、」
    の後に改行が抜けています。

    大変失礼いたしました。

  8. も一つごめんなさい!

    ICUではなくISU(International Skating Union)ですね。

    これが一番大きな誤字でした。

    重ね重ね失礼いたしました。

  9. >suouさん
    コメントいただきありがとうございます。

    そうですね。どこの国とは限らず、やはりマスコミは「売れる記事」を書かないと商売になりませんから、大衆が納得するようなものを書くのでしょうね。
    韓国などの場合、それがやはり「反日」だと。そして、そのせいで大衆もさらに反日意識を高めていく… というよくないスパイラルに陥っているのかもしれません。

    おっしゃる通り、日本でもどこにでもある問題でしょうから、ゆっくりとでも前向きな方向に行ってほしいですね。そのためには、何が本当なのか見極めるがん力が必要だと思います。とっても難しいことなのですが…

    >ションボリさん
    再度のコメント、誠にありがとうございます。

    キム・ヨナ選手の一件、あまり知識がなかったもので非常に参考になりました。
    私も、彼女は浅田選手とともにアジアを代表するスケート選手だと思っていたので、あの件はかなり残念でした。もちろん、報道でしか伝聞していませんが。

    ただ難しいのは、スポーツの世界であるということもあると思います。
    たとえばヨーロッパのサッカーの試合で、国別で戦う時(欧州では愛国心が強いですから)に、相手チームのロッカーだけすごくしょぼくしたり、グランド整備も(芝の長さなど)自分たちに都合のいいようにやることがあります。
    相手国の選手に、平気でひどい悪口を言う選手もいます。ジダンの頭突き事件じゃないですが、実際の試合中は本当にひどい差別的な発言も繰り返されています。
    ただそれは、彼らの中で心理作戦として織り込まれ済みであり、戦いはすでにそこから始まっているという認識があります。

    「ハーディング-ケリガン」の時みたいに、実際に襲撃しちゃうってのはもう論外ですが、どこまでを心理戦で、どこまでを「アンフェア」とするのかは、難しいところなのかなと思うのですよね。
    もちろん、日本人に同じことをやってまで勝ってほしいとは思いませんが。

    海外の人にとっては、自分が日本人の代表である、というのは本当にそうですね。だからこそ恥ずかしいところを見せられない。それは日本人の美意識の最も素晴らしい部分の一つだと私も思います。

    日本と韓国、中国も入れても、顔は似てるし文化も同じ部分が非常に多いのに、こんなにも違うというのはある意味興味深いし、だからこそ根深い難しい問題なのでしょうかね。

  10. こんにちは

    別に韓国がそうならそれで良いんじゃ無いですか、どう譲歩して見ようが韓国は嫌いな国は見下す文化があるんだと言う事実
    、それは否定のし様がありません、それに日本の考え方を押し付けるのも間違っています、自分で考えて成長するべきだと思っています

    それはまぁ良しとして
    そう言った者を一々相手にする様な行動や振る舞いをしない位日本人の品位を上げれば良いだけの事だと思いますよ、相手がこちらに求めるならば最高の持て成しで受け入れる、相手が批判するのであれば付き合わず応戦しないで受け流す

    いくら海外で留学しようが一流の教育を受けようが周りから見れば一日本人な訳です、良い意味で韓国の話は反面教師になるのでは無いでしょうか、こうはならないんだと言う良い例です、韓国が成長するのを待つのでは無く私たち日本人がもっと大人になればいいだけの話だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。