[映画]人生に乾杯! ガーボル・ロホニ監督

評点:55点(100点満点中)

DVDにもなりにくいだろうハンガリー映画ということで、映画館で観てきた作品。大分前になるけどレビューを。

年金暮らしで細々と暮らす老夫婦。若いころ、劇的な出会いをした二人だったが、その愛情はとっくに冷めていた。
ある日、ケンカの末に家を飛び出す夫。アパートの家賃も払えなくなった彼は、何と銀行強盗をしてしまったのだった。

そのことを知った妻は夫を説得に向かうが、何と二人して強盗をすることになってしまう。
二人を追う刑事との駆け引き。そして、意外なラストへ。


当然、ハリウッド映画のような緊迫感はなく、正直間延びしたシーンも多々ある。
しかし、二人の「老人」が醸し出す落ち着いた雰囲気と淡々とした描写は、非常に安心して観ることができる。
強盗という犯罪を犯しながらも、どこか憎めない二人。実際に、映画の中でも彼らは徐々に英雄視されていく。

多くを語らない。許されないはずの犯罪を犯している。
それでもなぜか許しあう二人の間には、長年連れ添ってきた絆の深さが横たわっていることを感じる。


ただ、特にラストなどはちょっと突っ込みどころが多すぎて、大雑把かな、という印象。
細部まで作りこむ必要はないにしろ、もう少しつじつまを合わせてくれると、観ているほうは気持ちよかったと思う。


この作品を「ハートウォーミング」という人がいるが、私は「ブラックジョーク満載」だと感じた。
観ている立場によっても違うのかもしれない。興味のある方はぜひご覧ください。

水着のバナーはクリック数が倍になる

これは、何年か前に某マーケティング担当の方から伺った。
その方はバナー広告に関してありとあらゆる角度から研究をしており、さまざまな興味深いデータを見せてくれた。

その中で「バナーに水着の女性が出るとクリック数が倍以上になる」というものがあり、実際にデータを見せてもらうとまったくもってその通りだった。

特に男性の増え方は目に見えて顕著なのだが、面白いのは女性のクリック数も増えるという点だった。
これは何でだろうねぇ~と話していたのだけど、夏が近くなると女性も体のラインや体重が気になるので、ダイエットやエステに関連した広告だと思って無意識にクリックするのでは、という結論に至った。本当のところは分からない。

あれから数年、目に見えて「水着のバナー」が増えてきたような気がする。
そしてそのほとんどが海やプールには関係がなく、あからさまなこじつけだ。しかも、クリックした先のページに水着の女性はいない。バナーとは程遠い内容のページが待っているのだ。
(たとえばこれとかこれ

「クリックさせたもの勝ち」という考え方なのかもしれないが、これは逆効果になる場合がある。
例えがちょっと違うかもしれないが、現在、テレビのサッカー中継のCMはハーフタイムに集中し、試合中はまったく流さないのが当然になっている。
しかし、以前はそうでなかったのをご存知だろうか。

ゲームが停滞している時間帯を見計らって、進行中でも定期的にCMを挟んでいた。
しかし、ご存知の通り流さなければいけないCMの数というのは決まっており、タイミングを見計らうあまり、どうしてもゲームが盛り上がっている最中にCMを入れなければいけないことがあった。

今正にシュートを打とうとしている刹那、画面がパッとCMに切り替わったら、観ている方はその企業に対してどういう思いを抱くだろうか。

直接の理由は、日本テレビのトヨタカップ中継でCM中に決勝点が決まってしまい、抗議の電話が殺到したということになっているが、スポンサーの間で「サッカーの試合中に自社のCMを流すのは逆効果」という認識が徐々に一般的になっていった。

結局何が言いたいかというと、水着の女性はまったくけしからんのでどんどんやってくれということではなく、先人たちの過ちを繰り返さないためにも、ただクリック数だけを稼いで代理店と媒体だけウハウハならいいや、という考え方はやめた方がいいんじゃない、ということです。

夏の終わり

夏の終わりは、なんだか物悲しい。こんなに厳しい季節も他にないというのに。


なぜそう思うのか、ちょっと考えた。

日が長くなり、外に出たくなるからか、夏は活動的になる。
あれもしたいこれもしたい。ここにもあそこにも行きたい。今年こそあれを始めたい。あわよくば、恋愛だってしてみたい。

やりたいことが山のように出てくる。
しかし、いざ終わろうとする頃、やれなかったことがポロポロ出てくる。
まだスイカも食べてないし、海にも行っていない。欲しかったTシャツも買えてないし、結局、今年の夏は何もなかったな…


日が暮れるのが早くなり、蝉の代わりに鈴虫が鳴き始めて、夏の終わりが近いことを感じる。


でも、いつもそうなのかもしれない。
やったこと、嬉しかったことは自分にとって事実だから、当然で、忘れがちで、やれなかったことばかりが大量にあって、それが理想化されてしまう。本当は、やれないことの方が多いのに。
慢心する必要はないけど、たまには後ろを振り返って、自分がしてきたことを確認するのも必要なのかもしれない。



もう、夏の終わりだ。
そう思うと、刺すような日差しも、むせるような暑さも、もう少し正面から向き合ってやろうという気がしてくる。

禁断の園? 執事カフェの実態

「メイドカフェ」は知っていたのだが、「執事カフェ」というものがあるというのを先日知った(有名だったらごめんなさい…)。
行ったことのある人に話を聞いたのだが、その内容がとても面白かったのでエントリにしてみる。


とはいえ、「執事カフェ」と言われて何のことだか全然分からない方(大多数だと思う)のための前提知識として、燕尾服を着た従業員が客を「お嬢様」と呼び、時間内とにかく奉仕してくれるところ、というイメージです。


    ・用がある際は机の上のベルを鳴らす。どんな状況でもすぐに飛んできてくれる。
    ・とにかく尽くし度が半端じゃない。呼んどいて「このカップを動かして」と言っても快く応対。
    ・食器は、その人に合ったイメージのものがさりげなく運ばれてくる。
    ・従業員(執事)の方は、若い人から50代くらいまで幅広い。年配の人は「爺や」と呼ばれる。
    「一人で席を立たないでください」と注意書きがある。トイレに行く際もエスコートがつく。
    ・90分制だが、料金は食事代のみ。その人は約3,000円程度だったとのこと。
    ・客層は女の人ばかりではなく、年配の男の人も多い。なぜなら、高級ホテル以上のサービスが(安価で)受けられるから。
    ・店を出る際の挨拶は選ぶことができる。「いってらっしゃいませ」から「馬車がお待ちです」まで(当然、待ってない)。
    ・「外国人専用執事カフェ」なるものもある。そこでは、呼ぶと必ず「Yes, My Princess?」と言いながらテーブルにきてくれる。
    ・ついでに、外国人執事カフェではオプションで「お姫様抱っこ(有料)」がある。

お店の予約は一ヶ月前からWebで可能だが、土日などは本当に「秒殺」で埋まってしまい、人気コンサートのチケットを取るより難しいらしい。

同種のビジネスですぐに思いつくのがホストクラブだが、その人いわく、みんながホストクラブのようなハイテンションが好きなわけではなく、昼間(カフェだから営業時間は日中のみ)にゆったりと楽しみたい人もいるという。
確かに、一晩でウン百万をつかったとか、従業員の年収が何千万だとかいう世界よりは、よっぽど健全かもしれない。女性も行きやすいのではないだろうか。


大変な人気だそうだから、メイドカフェのように「執事カフェ」が日本中に爆発的に広まる日が来るかも…?

うつの人と接する際に学んだこと

タイトルの件について、たまに考えることがある。
私自身は現在うつ病ということはなく、今までにもそういった経験はない。

しかし、周囲にそういった人はいた。というか、多かった。
私は非常にハードな仕事をしていた時期があったが、その中で何人もの知人が精神を病み、会社を辞めていったり故郷に帰ったりしなくてはならなかった。

うつの人がそうでない人に与える誤解は多い。目に見えない心の病であるから、分からない人にはどうしても分からないのだろう。
やはり両者の間には根本的な考え方に違いがあり、それがお互いの誤解を生んでいるように思う。


例えば以前、同僚が精神的な理由で休職したことがあった。
その影響で、私はその人の仕事をすべて引き受けなければならなかった。

しばらく音沙汰がなかったのだが、ある日、夜中に友人たちと遊んでいることを、とあるSNSの日記に書いていた。
私は「そんなことする余裕があるなら会社来てくれよなぁ…」と当然のごとく感じた。
その時の私の価値観に照らせば「会社を休むのはよほどのこと」であり、「休職して夜遊びをする」ことなど、当然責められてしかるべき行動だった。

しかし、当人にすれば「仕事のような責任のある行動はまだ無理だが、友人と語らえるくらいには回復した」ということになるのだ。
正直、それを噛み砕くのは簡単ではなかったが、今となっては何となく理解できる。

そうして、そういった「責める」気持ちを持つことが最も悪い影響を及ぼすことを知ってからは、負の連鎖は少なくとも健康な自分の方から断ち切ろうと思えた(それでその人が早く帰ってきてくれれば、結果的に自分も楽になるし)。


「うつとそうでない人」の線引きが非常に難しいため、疑心暗鬼を産むのは残念ながら事実だ。
知り合いに一人、うつで休職中にマンションを購入し、コミケに出展するための自作マンガを書き続け、mixiのサークルの集まりには嬉々として出かけていく、という生活を2年くらいしていた人がいた。
彼がうつ病かそうでなかったのは分からないが、周りも、言葉は悪いが「腫れ物に触る」ような感じで、どう接していいのかが分からなかったのは事実だ。
結局、彼は会社に戻ることなく、そのままより条件のいい会社に転職してしまった。


そして私は、おそらくうつよりももっと悪い「境界性人格障害(ボーダー)」の人が身近にいたこともあった。
左腕に何十もの傷があり、何もないのに突然号泣したりする人だった。

その時の私は、そういった心の病気はいつか治るものだと思っていて、何とかして良くしたいと奮闘していた。
頻繁に心療内科に通って毎日大量の薬を飲んでもいたが、良くなることはなかった。

いつからか私は、これがこの人そのものなのだと思うようになった。
無理に治そうとするのではなく、ありのままの姿と向き合っていくこと。それは病気とは関係のない、人と人との接し方としてごく当たり前の結論だった。



うつ病にしろボーダーにしろ、結局はその人の「性格」みたいなものであり、何も偏見を持つことなく接することなのかな、と今では思っている。
病気じゃなくたって、色んな性格の人がいる。そういうことなのかなと。

もし休職者のせいで負担が増えたのなら、それは経営者に文句を言うべきであり、休職自体は労働者に認められた権利なのだ。
その間に何をしようが、他の人にとやかく言われる筋合いはない。


無知な我々は、時に人を傷つけてしまうかもしれない。
でもそれは誰でも同じ、それが人間関係というものでもあるから「あまり気にしない」というのはとても重要なんじゃないだろうか。