自分を型にはめすぎるな

最近「○○系男子(女子)」とか「□□型人間」とか、とにかく人間を型にはめる表現が多い。
これはメディアや広告代理店の戦略であり、かつ最近始まったことでも何でもないんだけど、個人的にはいい加減いいんじゃないか、と思ってしまう。

人は、とかく自分たちを「分類」するのが好きだ。
典型的なのが血液型で性格を判別すること。代表的なものだと、

A型:神経質
B型:マイペース
O型:おっとり
AB型:二重人格


といったところか。
ちょっと考えれば分かることだが、こういった性格は「誰でも持っている要素」である。
「A型は神経質」というのが一般化されているため、本当に自分が神経質だと思い込んでいる人までいるが、仮に「A型はおっとり」と入れ替わったとしても、当人はそのように認識するだろう。誰でも二重人格な面もあれば、マイペースな部分もある。人はそんなに単純じゃないはずだ。

人間には「所属欲求」というものがあると言われる。
これは、自分のアイデンティティを示したり明確にしたいための、肩書きや集団への帰属欲求など。
この「集団への所属の証」は、安心につながる。「自分は人と違う」という認識は、時に人を不安にするものだ。

しかし、これがあまり過ぎると良くない。

人間本来や、人生に立ちはだかるものはもっと複雑であるのに、安心感を得るためだけに物事を不必要に体系化、単純化してしまう。やれ草食だ、やれ文系だ、やれ右脳型だと。

別に他人に対しては構わない。「あの人は草食系だよな」と思うくらい、どうってことはない。

しかし自分にあてはめるのはやめた方がいい。「オレは草食系男子だから……」みたいな。
なぜなら、その後に続くのは否定語がほとんどだからだ。

「オレはオタクだから仕方ないんだ」「もう××歳だから遅すぎるんだ」
これは冷静に自己分析しているようで、本当は欲しているのに、勝手に自分で限界を作って、言い訳の材料として一般論を持ち出しているだけだ。型にはめることで安心して、それ以上の思考を停止してしまっている。

そもそも、本当に不可能だと思っていることを、人は欲しない。
例えば野球の未経験者が、40歳になって一から野球を始めて大リーグで首位打者になろうと考えるか?
迷ってる時点で、そこには可能性があると、少なくとも自分はそう思っているはずだ。

そして、一般的に成功していると言われる人は、こういった志向が少ない。自分を「○○系」とか「△△型人間」にあてはめないし、そうすることを嫌う。例えば堀江貴文氏のこの発言

これは、あまり型にはめてしまうと、自分を解放できなくなってしまうからだろう。他でもない自分自身に限界を作って、いいことなんてあるはずがない。

前述のように安心感をもたらすことも確かにある。それに、これを貫くには強靭な精神力がいる。
だから「自分は今、型にはまってないかな」とたまに意識できるようになりたいところ。

ちょっと本題とずれてしまうけど、イギリスのジャーナリストで思想家、ウォルター・バジョットの名言を最後に記して、説教モードを終了としたい(汗

The greatest pleasure in life is doing what people say you can’t do.
「人生における最大の喜びは、他人が『君には無理だ』ということを成し遂げることだ」

Apple、Googleのモバイル戦略に見る「つながり」の奪い合い

Apple、Googleのモバイル戦略に見る「つながり」の奪い合い

最近、iPhone、Andoroid、NexusOneなど、モバイル分野が熱い。
Apple、GoogleというWeb業界の巨人が参戦しているその背景には、ひとつにはモバイル広告市場の奪い合いがある。

http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/05/12/mobilead/?rt=na

モバイル版Adsenseに対して、AppleはiAdを導入。今後間違いなく大きくなる市場に先手を打つため、自ら端末を製造してまで莫大な投資を行っているのだ。
Googleが帝国とも言える巨大な富を築いた、Web広告市場。しかしそれ以上のものがモバイルには眠っているといわれる。欲しくないわけがない。

そしてもう一つ重要な要素として、私は「つながり」の奪い合いがあると思っている。
これはSNSでいえば友達関係、Twitterではフォローといったものだ。

AppleもGoogleも、この目には見えない「つながり」の力を、喉から手が出るほど欲しがっているはずだ。友達が勧めたもの、友達が買ったもの、これをモバイル広告と絡めれば、その効果は抜群になる。
そして彼らは、これはWeb上だけでは保持できないと考えているのではないかと思う。

今まで、数々のWebコミュニティサービスが現れては廃れていった。Friendster、MySpace、Facebook、そしてTwitter……

彼らは、何か一つの絶対的なサービスが存在し、そこに誰もが定住し続けるというのは「幻想」だと悟ったのではないだろうか。
現在爆発的に流行っているTwitterも、いつかは廃れる日がくると分かっているのだろうと思う。

では「廃れないつながり」とはどこにあるのか。

その答えが、携帯の「アドレス帳」だったのではないだろうか。
家族、友人、知人、会社の同僚……さまざまで、かつ一生続くであろう人間関係がここには詰まっている。

確かに、携帯のアドレス帳とTwitterのフォロワーがイコールの人もいるだろうが、そうでない人の方が遥かに多いはずだ。
そして、そもそもTwitterなど未来永劫使わない携帯ユーザの数は、そうでない人の何倍も多いだろう。

どちらの関係が強固か、企業としてどちらの「つながり」が欲しいかといえば、言わずもがなだ。

彼らは、Web上という見えない世界と、端末という肌身離さない「固体」を結びつけることで、Webコミュニティを新しいステージに持っていこうとしているように思えてならない。

私は「ガラケー」なんて自国の製品を貶めるような言葉が嫌いなのだけども、その問題点は端末そのものが高機能化してしまったことより、そういうWebとリアルを結びつける発想が薄いことにあるのではないかと思う。

残念ながら、ここまで日本企業の名前が出てきていない。

ソフトバンク、NTT、SONY……
アメリカの巨大企業に遅れを取らないためにも、ここは一致団結してでも対抗していかないと、本当に根こそぎ顧客を奪い取られかねないのではないかとちょっと感じ始めている。