便利なWordPressプラグイン、用途別27個まとめ


リクエストをいただいたため、利用しているWordPressのプラグインをまとめてみます。
面白がって色々と試してみたので、気がついたらなんと27個にもなっていました…

現状半分くらいしか使っていませんが、すべて非常に優れたものばかりです。
これからWordPressでサイトを作ろうという方の参考になれば幸いです。
 ※使用しているWordPressのバージョンは、現時点で最新の2.7.1です。

■Post系

Akismet
    コメント、トラックバックのスパムを自動的に判定し、除外してくれる。
    今のところ、判定の精度は100%です。最新のWordPress日本語版にも、デフォルトで同梱されています。

WP Multibyte Patch
    WordPressのマルチバイト対策プラグイン。こちらも、初期時点で同梱。

FeedBurner FeedSmith
    WordpressのRSSを、FeedBurnerのRSSに置き換えてくれるもの。
    特段、FeedBurnerを利用する予定がない人は不要かと思います。

brBrbr
    日本の方が作られたもので、何気に一番重宝しているかもしれません。
    WordPressはHTMLとWYSIWYGの2つのエディタがあるのですが、XHTMLに準拠しているため両方とも改行が効きません。
    それは分かるのですが、「ここで改行をたくさん入れて…」みたいな場合は、いったんテキストエディタなどで書いたものをコピペするしかなく、結構面倒くさい…

    それを解決するのがこのプラグイン。Enterキーの改行が有効になります。
    ただし、HTMLエディタでのみ有効で、途中でWYSIWYGに戻ると改行もなくなっちゃうので要注意。

NoFollow Free
    トラックバックやコメント欄のリンクに入る『nofollow』タグを無効化できるというもの。
    リンク先に評価を与えるため「コメント、トラバ、ウェルカムですよ!」というアピールになります。

WP-Polls
    簡易アンケートフォームを作れます。
    当サイトでは利用していませんが、とても人気のあるプラグインですね。

Smart Update Pinger
    WordPressにデフォルトで導入されているPing送信機能の強化版。
    「Ping送信しない」を選択できたり、成功or失敗を教えてくれたりするので使いやすいです。


■デザイン系

Popular Posts
    サイドバーに「人気の投稿」を表示させる。
    これのいいところは、記事名の前後を自由にカスタマイズできる点。

    当サイトでは「はてなブックマーク」のブックマーク数を表示していますが、本来ならPHPを直接いじらなければならないところ、設定画面で一行入力するだけで簡単にできました。

WP-PostViews
    上記の「Popular Posts」とほぼ同じです。
    記事の閲覧回数を表示してくれるので、それを望む方はこちらがオススメ。

Popularity Contest
    PVだけではなく、トラックバックやコメントの数、更にその重要度を自分で設定して、総合的な「人気の記事」を作成できます。
    カテゴリー別のランキングも作成できるなど、凝り性の方に。

Post-Plugin Library
    サイドバーに「この記事に似た記事」「ランダム記事」「最新の記事」「最近のコメント」などを表示してくれます。
    当サイトでは最後の2つのみを利用しています。

WP-PageNavi
    トップページの最下部にあるように、Googleの検索結果のようなページナビを表示してくれます。
    WordPressデフォルトのナビは「<< >>」だけなので、これは入れておいたほうがいいと思います。
    もちろん、カラーの変更は自由にできます。

Trackping Separator
    WordPressは、デフォルトではコメントとトラックバックが一緒になっているのですが、それを分けられるプラグインです。
    デザイン全体に関わる変更を伴うため、導入するのであれば最初から入れた方がいいです。

    当サイトでは最初にテンプレートを大幅に変更していたため、nire.comさんを参考にPHPを書き換えました。

Ktai Style
    入れとくだけで、自動的にケータイ対応になるというスグレモノ。
    これも超有名ですね。

Contact Form 7
    お問い合わせページを簡単に作れます。
    「Simple but flexible」の文句の通り、ラジオボタン、チェックボックス、ドロップダウンまで非常に簡単に作成できます。
    これを利用して作ったのが、当サイトのお問い合わせページです。

    日本のエンジニアの方が作ったPluginですが、世界中で人気急上昇中です。すごい!

Custom Query String Reloaded
    これも結構オススメ。
    WordPressでは、1ページに表示する投稿の数を指定できますが、それがすべてのページに適用されてしまいます。
    これを使えば、例えば記事全文を表示しているトップページは最新3件までで、タイトルだけを表示するページは30件ずつ、といったことが可能になります。

    より柔軟なページ構成ができるようになると思います。

Flickr Photo Album
    Flickr系は本当にたくさんのプラグインがあって困りました…
    色々試した末に、このサイトの作りに一番合っていたのがこれ。できたのがこのページ

    利用目的(たとえばサイドバーにスライドショーさせたいなど)にもよると思うので、用途に合わせたものを選択するのがいいかと思います。
    他には以下など。

    Flickr Manager
    Flickr Gallery
    flickrRSS
    Slickr Gallery


■SEO系

All in One SEO Pack
    数あるプラグインの中で、最もダウンロードされている定番中の定番。
    サイトのDescription、Keywordsをはじめ、記事ごとにページタイトルを変えられるなど、SEOに必要な要素はほぼ網羅している感じです。

    日本語版も出ています。

Google XML Sitemaps
    Sitemap XMLを自動的に生成してくれる。
    GoogleだけではなくYahooやMSN向けにも有効で、非常に細かい設定が可能です。


■測定・分析系

WordPress.com Stats
    Stats系の定番。
    ページごとのPV、検索ワード、遷移元・先など基本的なデータが分かります。
    リアルタイムで分かるので非常に便利です。便利すぎて、一日に何度も見ないように気をつけてください:)

Ultimate Google Analytics
    新しく記事を作成すると、自動的にGoogle Analyticsのコードを埋め込んでくれます。
    ただ、上記の「WordPress.com Stats」がリアルタイムで見られるので、ほとんど使うことはなくなりました。


■その他

WordPress Database Backup
    やはりバックアップは重要。ということで、念のため入れています。

WP Super Cache
    ページ自体をキャッシュすることで、表示速度を向上してくれます。

    効果のほどは、とりあえず入れないよりは入れたほうがいいかな…?という程度ですが、環境(特に自宅サーバなど)によっては劇的に変わる場合もあるようです。

    上記の「Ktai Style」と併用する際に注意が必要です。




WordPressは日々色んなプラグインが登場するので、見ているだけでも楽しくなります。
アップデートの際もボタンひとつですむんで、本当に便利ですね。

それぞれのプラグインには日本語対応版もかなりあると思います。
「プラグイン名 日本語」とかでググってみてください。

LINEで送る
Pocket