ペットは、飼うこと自体が人間のエゴ

昔勤めていた会社の近所に、大型のペットショップがあった。
営業時間は、確かお昼頃から夜中の12時くらいまでだ。

その間、生まれたばかりの子犬や子猫が通りに面したショーケースに入れられ、道行く人にさらされている。
多くの人が足を止め、「かわいいー」とか「欲しい!」と声をあげていた。

人間が動物と共に生活するようになったのは、生活のためだ。
牛は乳を出すし、羊は毛が加工できる。馬を移動手段に、鳥は手なずけて魚をとる手段にした。

ただ、その中でも特に犬と猫はその愛らしさゆえに「愛玩」という目的のみで人間と共に暮らすようになったのだろう。

彼らは人間に都合のいいように改良され続けた。足は短く、瞳は大きく、体は華奢に…
そうして、およそ自然界では生き残れないような生物が次々と生み出されていくことになった。

猟犬に狩りをさせて生活している人は別として、現代社会においてペットを飼う目的は、ヒトの「寂しさ」やら「生きがい」を埋めることだけ、というのに異論はないと思う。

人間が欲求を充足するのは勝手だ。
しかし、それに使われた動物たちも同じように満足できる日々を送っているのだろうか。

例えば、犬は主従関係を好む。飼い主を「主人」として敬愛し、一緒にいることで満たされる。
飼い主、ペット、どちらも満足しているのだからいいじゃないか。確かにそうだ。

しかしペットの側は、実は代償としてさまざまなものを払っているんじゃなかろうか。
満足な食事と安全を受け取る代わりに、住む場所を制限され、リードでつながれ、満足に走り回ることもできない。

人間の側には代償があるだろうか。
ペットがいることで自由に外出できない、部屋の掃除が大変、諸々の費用がかかる。
それらはただの「義務」で、「代償」とは呼べない。犬を飼うと一生肉が食えなくなる、というのだったら代償だけど。

人間は自ら動物たちを生産し、彼らを制限し、あえて苦労を買ってそれを消費している。

個人的な意見だが、もし自分が鳥だったらカゴではなく空を飛びたいし、魚だったら水槽ではなく海を泳ぎたい。

だから動物は飼わない。彼らに依存したくないし、彼らの命を受け止める度量もないから。
よくおかしな考え方だと言われるが、多分そうなんだろう。

もちろん、ペットを飼う人すべてを否定するつもりもない。

ただ、そもそもペットを飼うこと自体、人間の欲を満たすエゴ以外の理由がない、ということを忘れないでもらいたい。動物たちは、そのために「わざわざ作られた生物」なのだ。

別にあなたが生き物を飼わなくたって、誰も困らないんだ。

かわいいから、寂しいからという理由で安易に生き物を飼う人が多いから、日本の悪質なペットショップ産業はいつまでたっても改善されない。生まれたばかりの子犬が親から引き離されて、夜になっても明るいショーケースで不特定多数の人々の視線にさらされるというのは、生き物の営みとして異常だ。

何だか論点がずれまくりだけど、ペットという絶対的な支配下を身近に置くのなら、相応の覚悟を決めてからにして欲しいと願わずにはいられない。

「ペットは、飼うこと自体が人間のエゴ」への105件のフィードバック

  1. 同じくペットを飼っていても擁護目的とそうでないものとでは心の在り方は対極と言ってもいいかと思う。

  2. ほんとに共感します。私も今まで鳥、ハムスター寿命がくるまで飼ってきましたが
    動物なんて飼うことが間違いという考えになるまで34年かかりました。

    周りにはペットを溺愛してる人も多く、みんなきちんとお世話をしてる上で
    この子(ペット)は幸せなのかなと
    自問自答してるみたいですが
    私はそんなこと思いながら飼いたくありません。飼ったら本当に可愛いし、生きがいの一つになるのはわかってますが
    飼いません。

    子供にはうちは動物は飼わないということなんて説明しようかな…。

  3. 昔から動物を『飼う』ってことに興味が無さすぎて知らないことが多かったんですよね。だからペットはほとんど去勢手術をするって聞いた時単純に『そんな事のために生き物の体にメスをいれるの?!』ってびっくりした記憶があります。ここにすごく罪悪感があります。
    動物を『飼う』ってことにいつもいつもモヤモヤがあって、番犬や仕事のパートナーではなく癒しや情動教育のための愛玩動物である場合も多くて、もしかしたらそれだけで役割は十分なのかもしれないけれどペットとして動物を飼うことはよっぽどの事がない限り無いだろうなと思っています。人間の世の中がそれだけストレス過多なのかもしれないですけれど動物は飼いたくないです。

  4. ペットを飼うこと自体はいい。飼っている人間が、動物を自分のために利用しているという自覚さえあれば。エゴであるということを心に刻んでいるのであれば。

    しかし実際は、おもちゃ扱いしておきながら、慈悲深い自分という在りもしない幻想に酔い、結局捨てる。

    動物愛護に傾倒しようものなら、目も当てられないほど痛々しい。
    自分の欲求を抑えることもせず、好き勝手しておきながら、それでも悪になることを拒む。悪であることを受け入れない。認めない。
    正しい自分に、おきれいな自分にこだわる醜さ。

    本当に忌々しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。