ペットは、飼うこと自体が人間のエゴ

昔勤めていた会社の近所に、大型のペットショップがあった。
営業時間は、確かお昼頃から夜中の12時くらいまでだ。

その間、生まれたばかりの子犬や子猫が通りに面したショーケースに入れられ、道行く人にさらされている。
多くの人が足を止め、「かわいいー」とか「欲しい!」と声をあげていた。


人間が動物と共に生活するようになったのは、生活のためだ。
牛は乳を出すし、羊は毛が加工できる。馬を移動手段に、鳥は手なずけて魚をとる手段にした。

ただ、その中でも特に犬と猫はその愛らしさゆえに「愛玩」という目的のみで人間と共に暮らすようになったのだろう。

彼らは人間に都合のいいように改良され続けた。足は短く、瞳は大きく、体は華奢に…
そうして、およそ自然界では生き残れないような生物が次々と生み出されていくことになった。


猟犬に狩りをさせて生活している人は別として、現代社会においてペットを飼う目的は、ヒトの「寂しさ」やら「生きがい」を埋めることだけ、というのに異論はないと思う。

人間が欲求を充足するのは勝手だ。
しかし、それに使われた動物たちも同じように満足できる日々を送っているのだろうか。

例えば、犬は主従関係を好む。飼い主を「主人」として敬愛し、一緒にいることで満たされる。
飼い主、ペット、どちらも満足しているのだからいいじゃないか。確かにそうだ。

しかしペットの側は、実は代償としてさまざまなものを払っているんじゃなかろうか。
満足な食事と安全を受け取る代わりに、住む場所を制限され、リードでつながれ、満足に走り回ることもできない。

人間の側には代償があるだろうか。
ペットがいることで自由に外出できない、部屋の掃除が大変、諸々の費用がかかる。
それらはただの「義務」で、「代償」とは呼べない。犬を飼うと一生肉が食えなくなる、というのだったら代償だけど。

人間は自ら動物たちを生産し、彼らを制限し、あえて苦労を買ってそれを消費している。


個人的な意見だが、もし自分が鳥だったらカゴではなく空を飛びたいし、魚だったら水槽ではなく海を泳ぎたい。

だから動物は飼わない。彼らに依存したくないし、彼らの命を受け止める度量もないから。
よくおかしな考え方だと言われるが、多分そうなんだろう。


もちろん、ペットを飼う人すべてを否定するつもりもない。

ただ、そもそもペットを飼うこと自体、人間の欲を満たすエゴ以外の理由がない、ということを忘れないでもらいたい。動物たちは、そのために「わざわざ作られた生物」なのだ。

別にあなたが生き物を飼わなくたって、誰も困らないんだ。


かわいいから、寂しいからという理由で安易に生き物を飼う人が多いから、日本の悪質なペットショップ産業はいつまでたっても改善されない。生まれたばかりの子犬が親から引き離されて、夜になっても明るいショーケースで不特定多数の人々の視線にさらされるというのは、生き物の営みとして異常だ。

何だか論点がずれまくりだけど、ペットという絶対的な支配下を身近に置くのなら、相応の覚悟を決めてからにして欲しいと願わずにはいられない。

「ペットは、飼うこと自体が人間のエゴ」への53件のフィードバック

  1. 私たちペット遊んだりしているのかもしれない

    私たちペットと、遊んだりしているのかもしれない

  2. ほんと!そのとうりだと思う
    学校でいつもこのこと言ってるんだけどなかなか理解しないチンパンジーが多くて

  3. 何かさも当然のようにおっしゃっていますが、
    何かきちんとした出典はあるんですか?

    >ただ、その中でも特に犬と猫はその愛らしさゆえに「愛玩」という目的のみで人間と共に暮らすようになったのだろう。

    →家畜の歴史をしっかり調べた上でコメントしているんですか?
    犬は人間が遥か昔、牧畜や狩猟を開始した時点で、共生をはじめています。
    犬は狼と違い、人間と暮らすことに特化して進化した生き物です。
    最初から愛玩目的で家畜化されていません。


    >彼らは人間に都合のいいように改良され続けた。足は短く、瞳は大きく、体は華奢に…
    そうして、およそ自然界では生き残れないような生物が次々と生み出されていくことになった。

    →自然界で生き残る為の生き物ではないからです。
    今ペットとして飼われている動物を、
    自然に帰すと野放しにしてごらんなさい。
    途端に生態系が崩れ、ある種は絶滅し、
    ある種は異常繁殖し、誰にとっても良い結果になりません。
    (長い目で見ると野犬は世代を重ねて先祖返りするらしいですよ。)
    自然界においても、異種間での
    合理的共生というのは行われていますが、
    彼らにとっては人間たちに品種改良され、
    ある程度の生存と繁殖を約束された環境におかれるための、生存戦略と言えます。
    別にペットというくくりで考えずとも、
    牛、豚、鶏、馬、家鴨なども同じことが言えます。
    彼らを自由にすると言って野放しにしたとして、
    適応できず多くが死に、生き残っても先祖返りするだけです。
    犬も猫も、家畜になる素養を持った祖先が、
    進化の過程で生存政略として家畜化を選んだわけです。

    >猟犬に狩りをさせて生活している人は別として、現代社会においてペットを飼う目的は、ヒトの「寂しさ」やら「生きがい」を埋めることだけ、というのに異論はないと思う。

    →あなたの誤った判断をさも当然のように話さないでください。
    一体どうやって調べたんでしょう?
    ペットを飼っている人に、証拠になり得る数の調査を実施したんですか?
    思い込みをさも真実のように語るのは事実の捏造なので、
    ぜひともやめてください。

    >人間が欲求を充足するのは勝手だ。
    しかし、それに使われた動物たちも同じように満足できる日々を送っているのだろうか。

    →言葉の通じる人間ですら、
    満足のいく生活ができているかわからないのに、
    一体それをどうやって調べるんでしょう?
    欲求を充足するのに「使う」という言い方をされてますが、
    昨今の核家族化の進行に伴い、
    ペットの立ち位置は大きく向上しています。
    少し前なら愛玩動物が病気になっても、
    病院にすら連れて行かない方も多かった時代もありました。
    研究が進み、彼らの感情表現の豊かさは、
    人間とともにコミュニケーションを取ってきた歴史が、
    脳に作用していることもわかってきています。
    彼らが話さないのをいいことに、
    勝手な解釈をして、きちんと動物と付き合っている人たちを
    無闇に非難するのは誤りです。

    ◉最後に

    「ペットは、飼うこと自体が人間のエゴ」
    タイトルです。エゴってなんだかご存知ですか?
    エゴって悪いことなんでしょうか?
    人間も動物も、エゴを持っていますよ。
    エゴがないと、行動も欲求も生まれず、
    なんの進展も進化も遂げられません。
    優しくできない、攻撃できない、
    目的を掲げられない、選択できない
    エゴがなんだか知っていたら、
    エゴが無くすべきものとは認識できないはずです。

    結局この記事、なんのエビデンスもない、
    ただの思い込み記事になっちゃってますよ。
    言いたいことがあるなら、人を納得させるだけの、
    確かな裏付けと根拠を書いてくださいよ。
    これじゃ子供の学級新聞ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。